地域の医療に対する
ニーズを知り、応えるプロセス




山田康介
(更別村国民健康保険診療所 所長)


 地域(注1)、または地域住民が医療者に求めるものとは何でしょうか?  病気やけがの早期発見早期治療?病気やけがの予防活動?昔はこれがすべてだったかも知れません。私たち医療者は日々の忙しい診療に専念するあまり、地域住民にこんな風に思われているかも知れません。「病院がこんなことに協力してくれたら安心なのになあ」「医師が自分たちの目線のところにまで「降りてきてくれたら」うれしいなあ」・・・ 地域に家庭医として勤めていると、それまでの自分が想像もしていなかったところにも医療者に対するニーズがあることに気づかされます。

 「地域志向型ケア」とは、医療者がこれらのニーズを理解し、それに応えるプロセスです。そしてそのプロセスは地域住民が描く地域の未来像(ビジョン)と方向性を同じくすべきです。この「地域志向型ケア」はすべての医療者がそれぞれの領域で行いうる活動ですが、家庭医はこういった活動を行う絶好の立場におり、家庭医を特徴づける重要な原理の一つとして紹介されています(1)。地域志向型ケアの活動は欧米ではすでにCommunity-Oriented Primary Care(2)(3)として紹介されていたり、日本国内では地域診断といった言葉で同様の活動が紹介されていますが、医療者が第3者として地域を診断し介入を施すという視点での公衆衛生的活動のイメージが強くなり、医療者自身が地域の複雑なネットワークや人間関係の一部であり(1)相互にさまざまな影響を及ぼしあうものであるという家庭医がもつべき視点とは若干のずれがあります。 このため、私は家庭医が行う活動としての地域包括ケアはこれらのCommunity-Oriented Primary Careや地域診断とは若干異なるものと認識しており、この分野は日本国内ですでに良い活動を行っている多くの家庭医をモデルに研究、一般化していく作業が必要と考えています。
事例




 以下に、私が勤務する地域で「発生した」地域志向型ケア現象(私自身は自分が主体となって起こした活動、というよりは勝手に発生した現象、という印象を持っている)を例として示し、これに解説を加えたいと思います。「家庭医が行う地域志向型ケア」の理解の一助となれば幸いです。

 私がこの地域の公的診療所に所長として赴任した10年前は、半年前に常勤の内科医が退職し、大学の医局からの週替わりのアルバイトで診療をつなぐ状態でした。私が家庭医として赴任することで新たに始まったことの一つは小児の診療です。「今度の医者は子供も見てくれるらしい」ということで徐々に地域の子供がかかってくれるようになりました。せっかく田舎に来たのでそれらしい活動を、ということで小児のインフルエンザワクチン接種の料金を大幅に値下げしました。周辺の町村と比較しても大幅に廉価であったため多くの小児が接種するようになりました。「子供のことを真剣に考えてくれるらしい」と、地域の乳児健診の委託を受けるようになったのは赴任して1年後のことです。

 中には小児科専門医に紹介し入院する子もでてきました。紹介先の小児科医や小児科病棟の看護師が紹介した子の親に「あなたの地域はいいお医者さんが来ましたね」などと声をかけてくださったらしく、口コミで幼稚園や保育園の先生方に情報が入りました。幼稚園、保育園の園医を引き受けることになり、先生方から支援の必要な子を聞いたり、親からの相談を受けたり、ケース検討会に参加させていただくようになりました。あるとき、地域の中学校で不登校が大きな問題となりました。それまで子育て支援に関してリーダーシップを発揮してきた保育士が立ち上がり、保育園から幼稚園、小学校、中学校、高校の先生まで巻き込んだ、地域の子供の成長を考えるためのサークルが立ち上がります。私もそのメンバーの一人となりました。 (私自身にもこの地域で子が生まれ、子を育てる親同士の交流がプライベートでもすすみ・・・)

 誰かが計画したわけではないのに、地域の「子育て支援や小児医療の充実」というニーズに応えるべくみんなが進んでいったのです。無意識に感じていた住民の潜在ニーズに対して、私は全く意識することなく小児の診療を始めました。そのことはすこしだけ重たい歯車を回したようでした。さらに地域の保健師が筆者と乳児健診を一緒にやる、という決断を下し、小児科専門医が地域の住民に対してポジティブなフィードバックを返し、保育園の先生が組織の枠組みを超えた連携を取ろうとして歯車がまた回りました。

 ここまで歯車が回り出すとどうやらこの地域には「子育て支援や小児医療の充実」というニーズが存在することが顕在化してきます。それぞれがリーダーシップを発揮し活動をはじめ、さらに歯車は回り続ける・・・。

待っているだけでは
地域ニーズに応えられない
この事例を振り返ると、「地域志向型ケア」とは?という問いに対する答えのヒントが隠れているように思われます。
【参考文献(4)(5)】
注1:ここでは「地域」をいわゆる「僻地」という意味ではなく、「コミュニティ」という意味で用います。

(1) Ian R. McWhinney: Principles of Family Medicine. A textbook of Family Medicine, 2nd, Oxford University    
   Press, New York, 1997, pp13-28.
(2)Paul A. Nutting: Community-Oriented Primary Care: From Principle to Practice.
(3) Robert Rhyne et al: Community-oriented Primary Care: Health Care for the 21st Century
(4)ジェームズ・C・コリンズ著, 山崎洋一訳: ビジョナリーカンパニー②飛躍の法則, 日経BP社.
(5)ピーター・M・センゲ著, 守部信之訳: 最強組織の法則 新時代のチームワークとは何か, 徳間書店
about us

▶ Top Message
▶ HCFM Group
▶ 概要
▶ 沿革
▶ 業績
家庭医療とは

▶ 家庭医療とは
▶ 家庭医療の概念
▶ 家庭医療の歴史
▶ 患者中心の医療の方法
▶ 家族志向型ケア
▶ 地域志向型ケア
▶ 参考書籍紹介
教育・研修

▶ 後期研修
▶ フェローシップ
▶ 初期研修
▶ 見学・実習
▶ OB・見学・
 実習者の声


HCFM STAFF

▶ スタッフ医師
▶ フェロー
▶ 専攻医
▶ 看護介護スタッフ
▶ リハビリスタッフ
募集案内

▶ 見学・実習者募集
▶ 専攻医(後期研修医)
▶ フェローシップ募集
▶ Access
都市部診療所

▶ 本輪西ファミリークリニック
▶ 栄町ファミリークリニック
▶ 北星ファミリークリニック
▶ 若草ファミリークリニック
▶ 向陽台ファミリークリニック
▶ 北海道社会事業協会帯広病院
郡部診療所

▶ 国民健康保険上川医療センター
▶ 更別村国民健康保険診療所
▶ 寿都町立寿都診療所
▶ 浅井東診療所
リンク・協力機関

▶ Face book
▶ HCFM blog
▶ ジャーナルクラブ
▶ 研修協力施設群
▶ 初期研修支援事業
  協力施設群

|お問合せ|サイトマップ
copyright© HCFM inc. all rights reserved.