on-site FaMReF

こんにちは。後期研修3年目で現在は上川医療センターで研修してます榎原です。

20110131_1

1/29、30と登別温泉で行われたon-site FaMRefについて紹介しようと思います。

on-site FaMRefは2ヶ月に1回後期研修医が全員集まって家庭医としての学びを深めるのはもちろんですが、別々の場所で研修を行っている研修医がそれぞれの悩みや学びを顔を合わせて共有できる場です。
もちろん夜はお酒も入るのでかなり楽しい宴になります。

今までは札幌、上川、室蘭で行われてきましたが、今回は来年度から後期研修に加わる先生方も参加して親睦を深める意味合いもあり登別温泉で開催されました。

初日のスケジュールは
①自己紹介
②理事長からの「HCFMとは」の講演
③サイト紹介
④来年度のレジデント部門の会議
⑤来年度のローテーション会議
⑥懇親会

20110131_2


2日目のスケジュールは
①S1の先生によるポートフォリオ発表
②懇親企画「家庭医における喜び、家庭医になることへの期待」

20110131_3

S1の先生による発表では1年間の成長を実感することができてうれしい反面、自分の1年目の時と比べてしまい後輩の成長に自分が焦りを感じてしまいました。頼もしい後輩がたくさんいます。
異なるセッティングで研修している研修医がそれぞれ2ヶ月の間で学んだことを共有できる場があるということは研修医にとっては非常にありがたいことです。そんなわけで刺激をもらった研修医はそれぞれのサイトで今日からまた研修に励んでいます。

次回のon-site FaMRefは3月に札幌で開催されます。

第2回fMAP臨床研究スクーリング

北海道家庭医療学センターフェロー兼北星ファミリークリニック副院長として昨年4月より旭川で勤務しています成島です。

20110122

フェローにおける4カテゴリー(臨床、教育、経営、研究)のうちの一つである「研究」に関して、fMAPスクーリングが1月22-23日に行われました。TV会議システムを利用した通常の臨床研究の遠隔講義とは別に、fMAP臨床研究第1期生の5名(ニックネーム:なるちゃん、みやっち、はっちゃん、なかちゃん、じょーむ)が札幌にあつまり、研究内容について指導医を交えて議論を交わす場です。

今がまさに良い研究を生み出すための生みの苦しみを味わっている段階です。

素敵な研究をするためには、たとえ朝5時からのSkypeで打ち合わせがあろうとも,
今後も頑張って参加したいと思います!

日程:
2011年1月22日(土)
10:00~10:15 オリエンテーション
10:15~12:15 統計実習(講師:山口拓洋先生)
13:35~15:05 統計実習(講師:山口拓洋先生)
15:15~15:45 「fMAP第9回講義への質問の解説」(講師:福原先生・山口先生)
15:45~16:15 グループ発表
16:15~16:45 ディスカッション
16:45~17:30 メンタリング・フィードバック

2011年1月23日(日)
9:30~11:30 グループワーク及びメンタリング・フィードバック 
11:30~11:40 まとめ及び次回までの課題について

fMAPの詳細については、以下を是非ご参照下さい。

http://www.fmap4c.jp/

第2回 family medicine forum in ニセコ

みなさま、平成23年もすでに数日経過しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
私は寿都町立寿都診療所で所長を務めております中川貴史です。

20110107

今年度から始まった勉強会です。
名前はfamily medicine forum、略してFMSです。
スタッフやフェローの学びの場として、また、日々忙しく働いている医師らの家族同士の交流の場としての活用することを目的としております。

第2回目はニセコで2011年1月8日~10日まで開催します。
場所はヒルトンニセコビレッジです。
スケジュールは

1月8日 土曜日
14:45~ オリエンテーション
15:00~ AUDIT実施と指導法について(担当:草場先生)
16:00~ ケース検討会、先進事例紹介(担当:更別サイト、寿都サイト、旭川サイト)
18:00~ 夕食

1月9日 日曜日
 8:30~ 教育セッション Global Ratingについて(担当:安藤先生)
10:10~ Human resource management(担当:事務局 高橋さん)
13:00~ フリータイム
21:00~ ナイトセッション

1月10日 月曜日
8:30~ プロジェクト進捗状況報告会

と盛りだくさんです。

今回私はケース検討会、先進事例紹介にて
寿都診療所における上部消化管内視鏡検査の導入、実施、教育などに至る部分の報告を行い、北海道家庭医療学センター内での研修、実践の質向上を狙いたいと思っています。
それでは、みなさん、今年もお元気でお過ごしください!

copyright© HCFM inc. all rights reserved.