旭川に来てちょうど1年

北星ファミリークリニックの八藤です。

20110327

今日は旭川に来て、ちょうど1年目の記念すべき日でした。
というわけで、夕食は”洋食屋“のヒレステーキを食べて、家に帰ってきてから、大好きなあまおうを1パック食べました。

 さて、思い起こせば、草場理事長から旭川行きの話があったのは一昨年の11月頃でした。
 室蘭で働き始めて5年目の秋だったので、『ようやく患者さんともいい関係ができ、地域のこともわかり、地域とのネットワークもできてきたのに・・・。』と最初は納得できませんでした。
 また、本輪西ファミリークリニックという北海道家庭医療学センターの直営サイトで働いていたこと、家庭医を目指したきっかけになった草場理事長と働いていたこともあり、離れたくない気持ちがありました。
 しかし、当時の看護師長とぶつかったこともあり、僕自身がよく思われていないのかなと思う部分もありました。
 そして、一昨年度は北海道家庭医療学センターのフェローシップの第2期の修了生が2名も卒業を迎える年であり、後輩達が活躍する場所を作るのも、先輩の仕事だと思っていました。
 「北海道家庭医療学センターで働き続けるには、旭川に行く以外に選択肢はない。」
 旭川に行かないのであれば辞めるしか選択肢がありませんでした。
 指導医になるためのフェローシップでお世話になったO先生にも泣き言のようなメールを送ったのを思い出します。お忙しいのに、丁寧なお返事を下さったO先生、ありがとうございました。
 異動の話が出た衝撃もある程度落ち着き、O先生から頂いたメールを読んで冷静になってきて、改めて、自分がどうしたいのかを考えました。

 (1)僕の夢は「日本全国で家庭医が働くこと」(自分のブログにも書いています)
 (2)自分の一番のロールモデルは草場理事長であること。
 (3)北海道家庭医療学センターにここまで育ててもらったこと。
 (4)北海道家庭医療学センターには同期の中川先生をはじめとして、大切な仲間がいること。
 (5)北海道家庭医療学センターには毎年家庭医を目指す後輩達が来てくれること。

 そんなことを考えたら、やはり、北海道家庭医療学センターで働かせてもらいたいという気持ちが一番強いことに気づきました。
 そして、室蘭のル・ミエーレで、草場理事長に、「旭川に行かせて下さい。」とお願いしたのです。
 それからは旭川のサイトの立ち上げ準備です。
 電子カルテの導入や北星ファミリークリニックの説明会の準備など、急ピッチで仕事を進めました。
 3月27日に引っ越しをしたのですが、引っ越しの日、北海道は季節外れの大雪。また、業者の手違いで、荷造りに時間がかかってしまい、室蘭を出発できたのは20時過ぎ。高速も雪で閉鎖になっていたので、旭川まで6時間もかかってしまい、着いたのは午前2時過ぎでした。
 4月1日に仕事を開始したのですが、まだまだ慣れていなかったなぁと今では思い出すと苦笑することばかりです。

 慣れないうちは、その場に合わせる対応がなかなか難しく、どうしても、自分たちのやり方で進めてしまっていました。それで苦情を頂いたことも何度かありました。
 また、旭川の方からしてみれば、医師が全員入れかわってしまっため、今までとやり方が違いますので、それだけで戸惑います。
 さらに、今まで1人しかいなかった医者が3人になったのですから、絶対によくなったと思ってらっしゃったはずです。
 それなのに、何だか期待と違う。
 そんな不満は、以前から長く働いている看護師長に苦情として届けられました。
 看護師長から「こんなに苦情が出る医師は私の看護師人生でも初めてです!」と怒られたこともありました。
 『どうしてわかってもらえないんだろう? なんで旭川なんかに来てしまったんだろう?』
 僕自身も辛い気持ちになることが上半期は多かったです。
 しかし、徐々に、僕たち家庭医の診療のことが理解されるようになり、何だか働きやすくなってきました。

 (1)病棟を閉鎖したら、訪問患者さんが減るのではないかと思ったのですが、減りませんでした。逆に増えています。
 (2)あれだけたくさんあった時間外の電話が今はほとんどありません。
 (3)ある患者さんの往診をきっかけに、地域の保健師さんにも家庭医の働きが認められ、地域包括支援センターとの連携が始まりました。
 (4)患者さんからもお褒めの言葉を頂くことが増えました。
 (5)一緒に働く医師からも、「働きやすくなった」と言って頂けてます。
 (6)結果的に全員入れかわってしまいましたが、一緒に働きたいと思う看護師さんが来てくれました。
 (7)何よりも、看護師長から、「先生が理想としていた状況になってきていますね。」と言って頂けました。

 自分自身も大きく変わったと思えますし、今は心底やりがいを感じて働けています。
 旭川では人生が変わるような大切な出会いもあり、今では来るべき運命の場所だったのだと思っています。
 このような機会を下さった草場理事長を始め、医療法人 恵心会の皆様、北海道家庭医療学センターの仲間達、ありがとうございます!

 来年度も旭川の、北海道の、そして、日本の家庭医療を盛り上げていくために、しっかり診療を行い、地道に地域に貢献していきたいと思います!

平成22年度家庭医療学専門医コース修了式

事務局です。
3月19日(土)に札幌アスペンホテルにおいて平成22年度の修了式が行われました。
ご来賓の方から頂戴した挨拶にもあったように「厳粛ながら家庭的な温かい雰囲気の式」であったと思います。
今年度の修了生は4名。
センターに残りフェローとして更に学びを深める先生もいれば、センターを離れ違う視点から学びを深める先生もいます。
祝賀会での3年間を振り返ったスピーチを聞いていると、本当に色々な事があり、内容の濃い時間を過ごされたのだなと感じました。

20110323

祝賀会修了後は恒例(?)の胴上げもあり、修了生と理事長、常務、局長が天井まで届く高さで宙を舞っていました(笑)
4名の先生方、修了本当におめでとうございます!

北海道新聞に掲載されました!後篇

前半の4話に続き5~8話です!
これだけの規模で取り上げて頂く事は初めてですが、寿都では勿論の事、更別でも患者さんから記事のお話しが出る事があるそうです。
記事で初めて「訪問診療」を知った方もいるそうで、これを機に地域医療や家庭医が、より社会に浸透すればと思います。

20110322_1

北海道新聞2011年3月10日「医挑む⑤学び、支え合う」.pdf

20110322_2

北海道新聞2011年3月11日「医挑む⑥母との両立」.pdf

20110322_3

北海道新聞2011年3月16日「医挑む⑦見えない壁」.pdf

20110322_4

北海道新聞2011年3月17日「医挑む⑧受け継ぐ」.pdf

北海道新聞に掲載されました!

いや、掲載されています! ナウ!です。(全8回の連載だそうです)

1面に大きく取り上げて頂いたので、ご覧になった方も多いかと思いますが、「医挑む」という連載の中で寿都町における「家庭医療」の取組についての記事が掲載されています。
その中で、HCFMのスタッフの活動についても書かれていますので、皆さん是非ご覧ください!

20110310_1

北海道新聞2011年3月5日「医挑む①地域と育つ」.pdf

20110310_2

北海道新聞2011年3月6日「医挑む②新しい道」.pdf

20110310_3

北海道新聞2011年3月8日「医挑む③生みの苦しみ」.pdf

20110310_4

北海道新聞2011年3月9日「医挑む④家族を診る」.pdf

大きな影響を受けた書籍

更別村診療所の山田です。

20110301

週間医学界新聞2011年2月14日の記事でも紹介されましたが、私が昨年「家庭医による地域・コミュニティへの包括的なアプローチ」に関して執筆を担当しているときに出会い、大きな影響を受けた書籍を紹介します。

家庭医が地域・コミュニティにアプローチする、と言うとどうもCOPC(Community -Oriented Primary Care)に代表されるやや公衆衛生的なアプローチのイメージがつきまといますが、それだけではなんだかしっくり来ない感覚を常に持っていました。
そんなときに書籍に出会ったのでした。

『病院の世紀の理論』 
猪飼 周平

著者の猪飼氏は医療の歴史、社会学の視点から以下のように説いています。

・・・医療にとっての20世紀とは、「治療」およびそれを支える治療医学に対する社会的期待・信任が歴史上もっとも高まった時代であったということができる。・・・
医師を頂点とした、そのような時代は終焉を迎えつつあると述べられ
・・・予防・治療・生活支援を統合的に行うことで、新しい意味における健康を達成しようとする社会システム=包括ケアシステムが形成される・・・
・・・包括ケアの供給は、それまでの病院中心のケアよりも、地域的性格を強めていくだろう・・・
・・・包括ケアシステムにおいては、担い手のあり方が従来の医師を頂点とする専門家の階層システムから、多様な職種や地域住民の間のネットワークへと移行する・・・

私自身が現在勤務しているコミュニティで経験している変化に非常にマッチする表現でした。
病院や各専門診療科が有している現在の機能の重要性が失われることは今後もないと思うのですが、猪飼氏が述べる新しい包括ケアシステムによくなじむ医師こそ家庭医なのではないだろうか?と考えますし、家庭医が地域・コミュニティに対して関わっていくための重要なヒントがここにあるように思いました。
関心のある方は是非お読み下さい!

copyright© HCFM inc. all rights reserved.