後期研修医の日常・・・?

こんにちは。
1年目後期研修医の中島徹です。

20110728

現在、私は寿都町立寿都診療所にて働いています。
道内の方にも、たまに「寿都ってどこだっけ?」と言われるのですが、「北海道の辺境の地」と説明したりしています。日本海側の、札幌と函館の間、少し札幌寄りのところにあります。
 
その寿都に始めて来た妻&お義母さんの反応は・・・
「あ~・・・何もない町だね~」
いや、よく見ればいろいろありますよ?道の駅とか温泉とか居酒屋とか弁慶像とか
でも、それまで札幌近郊の町に住んでいた彼女らにとっては衝撃的な環境だったようです。
スーパーもねぇ、電車もねぇ、コンビニと言えばセコマだけ・・・
 
そんな環境の中で毎日楽しく診療しています。
指導医の先生に「勉強することがたくさんあって羨ましいねぇ~」と言われながら。
仕事に勉強に、本当に毎日盛り沢山なので、帰ったら疲れて寝るだけになってしまうこともしばしば。
 
とりとめのない話でしたが、この記事を見てくださった方に、一言メッセージを。
「家族や友人、周囲の人を大切にしよう」
お帰りなさいと迎えてくれる妻、遠い寿都の町まで遊びに来てくれる友人、時に優しく時に厳しく教えてくださる指導医の先生方。
自分は支えてもらってるからこそ自分でいられる、と深く実感する今日この頃なのでした。

8/20(土)-21(日)On site FaMReF(上川会場)参加者募集!

事務局の中田です。
学術大会も無事に終える事が出来ました。皆様の参加やご協力に感謝致します。

さて、今日は来月8月20日(土)、21日(日)に開催される、On site FaMReF(上川会場)参加者募集のご案内をしたいと思います。

FaMReF とはFamily Medicine Resident Forumの略称で、指導医のサポートを受けながら、レジデントが主体となった家庭医療セミナーです。年に4回行われており、家庭医のコアプリンシプルや 日常診療のアップデート、ポートフォリオ発表などレジデンシーそのものが成長する二日間の勉強会です。

平成23年度の第2回目は、以下の日程で上川サイト(上川医療センター)にて開催される事となり、現在、外部からの参加者を募集しております。
当センターや家庭医療、又、プログラムの内容について興味のある学生さん、初期研修医の方、この機会に是非一緒に勉強してみませんか?

【日時】

2011年8月20日(土) 13時00分~17時15分

8月21日(日)  9時00分~11時30分

【プログラム】
8月20日(土)
13:00~13:10    開会あいさつ  担当/司会:村井

13:10~14:30    家庭医療的振り返り①   担当:中島

          家庭医療的振り返り②  担当:木田

14:30~14:45    休憩

14:45~16:15    家庭医療ワークショップ「EBM」   担当:八藤先生

16:15~16:30        休憩

16:30~17:15    症例からの学び  担当:村井


8月21日(日)
9:00~10:10    ポートフォリオ発表  担当:田中


10:20~11:30   ビデオレビュー  担当:野口

【場所】

上川医療センター

上川郡上川町花園町175番地

(JR上川駅より徒歩5分程)

参加費:無料(交通費の支給はありません)



ご興味のある方は、お問い合わせフォーム又は、E-mail:info@hcfm.jpまでご連絡下さい!
(会場定員の都合により、希望者が多い場合は参加をご遠慮頂く事もございます。予めご了承下さい。)

ちなみに前回は、告知を見て学生さんが参加して下さり、懇親会でも進路の相談などされていました。色々な研修医、医師から様々な意見を聞ける場でもあると思いますので、是非たくさんの方の参加をお待ちしております。

学術大会とFreeman先生

こんにちわ。
本輪西ファミリークリニック、シニアレジデントの堀です。

20110708_1

7/2~7/3、日本プライマリ・ケア連合学会第2回学術大会が札幌で開催されました。

まずは、学術大会のご報告です。
札幌ロイトンホテルで開かれた学術大会には約1800人の医師、薬剤師、保健師、看護師など非常に多くの方々が日本各地から集まりました。

それぞれの病院や診療所での取り組み、研究報告、シンポジウムなど盛り沢山の内容で、多くの刺激を受けることができました。

7/4~7/5には学術大会の来賓としてカナダからお越しいただいていたThemas Freeman教授を北海道家庭医療学センターの道内各地のクリニックにお招きしました。

Thomas Freeman先生はカナダのウエスタンオンタリオ大学家庭医療学科教授で、家庭医療学のバイブルとも言える「A Textbook of Family Medicine」の著者の一人です。
本輪西ファミリークリニックにもお越しいただき、多忙なスケジュールにも関わらず、非常に情熱的なご指導をいただきました。

ワークショップや食事会で、Freeman先生とディスカッションする機会があり、診療における患者中心の医療の実践方法から世界における日本の家庭医の役割など、非常に幅広い視点で多くの示唆に富むアドバイスをいただきました。

20110708_2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
世界への視点も持ちながら、学んだことを日々の診療に活かしていきたいと思います。

日本の家庭医療の発展のために、まずは研修を頑張ります!

パーキンソン病と在宅医療

こんにちは。
本輪西ファミリークリニック、フェローの佐藤です。

20110704_1

先日7月3日、室蘭市民を対象に「パーキンソン病と在宅医療」というテーマで講演をしましたので、その際の様子について報告します。

これは、市内の神経内科の先生と病診連携をしていきましょう、という流れ中で、お話を受けました。

20110704_2

当日は80名弱の患者さんや家族の方が集まり、熱心に講演を聞いてくださいました。
室蘭では在宅医療というと、癌患者さんのための西胆振緩和ケアネットワークがありますが、神経難病の方のネットワークは今まで無かったので、このような機会を生かして一層連携をしていければな~と感じました。

copyright© HCFM inc. all rights reserved.