平成23年度 第3回 On-site FaMReF(札幌) 報告

事務局中田です。

11月12日(土)、13日(日)に今年度3回目のFaMReFが栄町ファミリークリニック(札幌)で行われました。
チーフレジデントより詳細な報告がありましたので、以下で紹介させて頂きます。

参加者 
スタッフ:中川先生、安藤先生、松田先生
フェロー:加藤先生
レジデント:木田、村井、田中、堀、中島、野口
外部:なし
 
内容は以下の通りです。
1. 家庭医療的振り返り① 中島先生 担当
女性化乳房の鑑別、食道がん終末期の患者さんの事例報告がありました。在宅で今後どのように診ていくのか家族カンファレンスを行う予定、PEACEをうけて身体的、心理的、社会的、霊的苦痛を意識し診療しているなどの学びが共有されました。
 
2家庭医療的振り返り② 野口先生 担当
  AHAG2010を受講したとのことで改善点の報告がありました。A⇒B⇒CからC⇒A⇒Bになった。誤嚥性肺炎を繰り返す終末期の男性に対し腸ろう適応があるか臨床倫理4分割を行い、家族、多職種を交えカンファレンスを行った。家族の意向を尊重し腸ろう造設をするため後方病院に搬送したが適応にならず、少しでも一緒に居る時間があれば良いという家族の希望を尊重し今は入院栄養管理しているとの報告を受けました。
 
3.家庭医療レクチャー 「conflict」中川先生 担当     
コンフリクトを解消するための交渉術(原理立脚型交渉)について概要があり、その後実際に患者とコンフリクトがあった場合にどのように解消するか、実際の事例を通じDiscussionがありました。
                                                                 
4.症例からの学び 田中先生 担当             
 数日前に脳神経内科でMRI、MRAを撮影し頭部は問題ないと診断された50代女性が、腰痛を主訴に救急搬送され、クモ膜下出血の診断であった事例でした。本症例の診断ポイントは腰痛の鑑別にクモ膜下出血を入れること、JCS1を意識障害と捉えること、SLRT陽性の場合出血で神経根が刺激され陽性になっている可能性を考慮するなどでした。
 緊急性の高い疾患の非典型例も知っておく必要があることを実感した事例でした。
 
5.Show case PF  堀先生 担当
  終末期に癌告知を行った場合と癌告知を行わなかった場合の2事例を比較し、それぞれの経過を振り返りました。癌告知を行わなかった事例では本人がショックを受けるところをみたくないという家族の希望が強く、さらに本人に癌を早期させる言葉(腹水、浮腫なども)を使ってほしくないという要望もあり困難を感じた。家族と触れる中で家族内の暗黙知を理解し、その中で本人と家族に関わることで、結果的にご本人自ら予後を悟ったようであったとのことでした。
                                           
6.ビデオレビュー  木田先生、村井 担当
 木田先生:
効果な健康器具を買ったため降圧薬は必要ないと自己中断している高齢男性に健診結果を伝えるという目的の外来でした。これまでは検査結果に対する情報を与え過ぎていたということでしたが、検査結果に対するニーズを最初に質問する、相手の理解度を意識するなどで上手く対応出来ているというフィードバックがありました。非言語的なところではアイコンタクトの重要性、ミラーリングをすることでラポールを形成するという以外に相手の感情に気付く事も出来るなどのフィードバックがありました。
 
村井:アルコール多飲の方にアルコールに対する情報提供を行うことを目的とした外来でした。アルコールに対する考えを聞くことで準備段階がわかった、抵抗が強く健康感(家族や社会的役割)などからアルコールの情報提供につなげられると良かったなどのフィードバックがありました。
 
経験した症例をレジデント間でdiscussionする。症例をdiscussionすることで新しい視点が生まれ、自らの症例に照らし合わせさらに振り返ることが出来る。
今後後期研修医はnonHDB世代のNew generationになると言うことでFaMReFの在り方も変わってくると思いますが、レジデント間のdiscussionの重要性をあらためて実感したFaMReFでした。
次回はいよいよ今年度最後のFaMReFとなります。ご多忙の中と思いますが、是非ご参加のほどお願いします。またFaMReFのため当番を引き受けていただいたスタッフ、フェローの皆さまにこの場を借りてお礼を申し上げます。
                                                        
チーフレジデント
村井 紀太郎/堀 哲也

Up To Date What’s New in Family Medicine ~Journal Clubより~

20111116

組織学習委員会 委員長の山田康介(更別村国民健康保険診療所)です。


このHPのもう一つのブログ、Journal Clubはこの組織学習委員会が仕掛けています。
この度、このJounral Clubの中で私たち医師が日常の診療で生じる疑問を解決したり、学ぶために利用しているUp To Dateの「What’s New in Family Medicine」を参加メンバー全員で和訳、共有しました!

著作権の問題でここに全文を紹介することはできませんが、家庭医療で取り扱う分野についての新しいエビデンス満載です!
例えば・・・
私山田が担当した「スクリーニング」の項。

卵巣癌の平均的なリスクを抱える女性を対象にしたCA125と経膣エコーを組み合わせたスクリーニングは卵巣癌による死亡を減少させることはない上、幾分の有害事象が認められることが、のアメリカにおける前立腺癌、肺がん、大腸癌、卵巣癌のスクリーニングに関するRCT(PLCO)の卵巣癌部門により明らかにされた。4~6年のスクリーニング期間、13年間のフォローアップの期間、スクリーニングを受けた女性では通常のケアを受けた女性よりもより多くの卵巣癌の診断を受けた(5.7 versus 4.7 per 10,000 person years)が、癌の進行度や癌による死亡率、粗死亡率において有意な差は認められなかった。擬陽性で手術を受けた女性の15%が少なくとも1つの重大な合併症を経験した。この研究は平均的なリスクの女性に対して卵巣癌のスクリーニングは行うべきではないというこれまでの知見をより強めることになる。

AHA/ASA、その他の複数の専門家のグループによる脳卒中予防と頭蓋外頸動脈疾患のマネジメントに関するガイドラインが出版された。無症候の頚動脈狭窄をスクリーニングすることは推奨されず、過去、選別された無症候の男性に対する内膜剥離術の有用性を示したRCTはもはや臨床に適用することはできないことが、ガイドラインに明記されている。

6つの診療所に分かれて勤務している私たちですが、TV会議を利用して、こういった形で学びを共有しながら前進しています!

本を書くということ

20111107

理事長の草場です。

 「家庭医療のエッセンス(仮題)」の執筆の追い込みに入っている。「家庭医療」って一体何なのだろうか、という根本的な問いに対して丁寧に考える作業の連続である。
書けそうで書けない部分もあり、書こうとすることで書けてしまうところも少なくない。ある患者さんが症状を訴えて受診し、ケアを提供されるという営みを通して、本質を探っていく作業。

本来、ひたすら孤独であるはずだが、幸い、この本は北海道家庭医療学センターのスタッフ・フェローの共著であり、考えを語り合い、結晶化させていく作業はダイナミズムに満ちている。

 雑誌への寄稿などとは異なり、一冊の本という枠組みの中でどこまで何を提供し読者にアプローチできるのか、メンバーの文書の校正作業中も自分の執筆の際もいつも悩みながら筆を進めていく。しかし、こうした機会を頂けていることは本当にありがたいし幸せだと思う。この本が仕上がることで、北海道家庭医療学センターの15年の実践を総括し、もっと先に進んでいけるのではという予感もある。

 大幅に予定が遅れてしまい出版社さんには本当にご迷惑をおかけしているのだが、あと一歩、あと一歩。
 2011年の残りの期間はとにかく「本を書くこと」に汗をかいていきたい。

copyright© HCFM inc. all rights reserved.