第4回 On-Site FaMReF in旭川 終了!2014.02.08-09

S1で寿都サイトの名越です。
去る2月8日~9日、今年度最後のOn site FaMReFが開催されました。
今回の会場は極寒の旭川!
僕は旭川医大の出身なのですが、久々に訪れるとやっぱりこの時期は身にしみます。

20140317_1

 さて、今回の内容ですがまずはS1の三島先生より、ご自身の経験された症例を通して、実臨床における「バイアス」をレクチャーしていただきました。
 次に私名越が「中毒」についてレクチャーさせていただきました。テーマは「薬物中毒」「マムシ咬傷」の2つでした。

 更に「不確実性」についてレジデントはフェローの村井先生、ゲストの学生さんはスタッフの榎原先生からレクチャーを受けました。レジデントは写真のように、自分たちが経験した症例について、「どこが不確実だったか」をK-J法で書き出してホワイトボードに貼っていきました。実際まとめてみると違う事例なのに皆さん、同じような部分で不確実性を感じているのだなと実感しました。

20140317_2

 この「不確実性」は当センター独自のポートフォリオ(症例レポート)課題にもなっており、どのように書いていけば良いかのアドバイスもいただきました。

 2日目は「ワークライフバランス」のレクチャーでした。上級スタッフの中川先生ご夫妻、佐藤先生ご夫妻からレジデントの「ワークライフバランスが崩れた事例とその対処法」のレポートを元にアドバイス、ミニレクチャーをしていただきました。具体的にはそれぞれのライフステージごとに「独身期」「新婚期」「子育て期」の3つに分けて、それぞれについてディスカッションをしていきました。それぞれ、かなりディープな振り返りとディスカッションでした。

 普段離れて研修している分、直接集まってのこういう勉強会は貴重です。来年度も4回開催予定です。毎回公開しておりますので、興味のある方は是非ご参加ください!!

copyright© HCFM inc. all rights reserved.