「GPMEC-HCFM合同FaMReF」ZOOM開催報告

momiji-ani先日開催されたHCFM専攻医とGPMECとの勉強会について専攻医4年目 江川正規先生より開催報告をいただきました!

*******
 10月24日にGPMEC(北海道勤医協 総合診療/家庭医療/医学教育センター)と合同での内部勉強会を開催しましたので、ここでご報告します。
 「北海道で総合診療を学ぶ専攻医同士で交流したい!」というニーズから、昨年札幌にて初開催されたこの合同勉強会ですが、
今年はZOOMでの開催となり両組織合わせて40名近くの先生に参加いただきました。待機当番の先生でも参加可能なところがweb勉強会のメリットでしょうか。
 前半は「ポートフォリオの書き方・教え方」をテーマに佐野先生によるレクチャー、
GPMECの高宮先生による実際の指導例を発表いただき、その後グループディスカッションを行いました。
後半は恒例の「振り返り」ということで、両組織の専攻医・指導医がごちゃまぜとなったグループにわかれて最近経験した症例について振り返りました。
普段指導を受ける機会のない先生からのフィードバックは新鮮で、参加者からは今後も継続してほしいという声が聞かれました。
 最後まで大きなトラブルもなく終了。互いにとっていい刺激が得られる合同勉強会はぜひ続けていきたいですね。
*******

スクリーンショット 2020-10-24 16.52.49 スクリーンショット 2020-10-24 16.53.02

【F2】経営(応用)「診療所開設②(高橋局長)」2020.10.20(中村)

今回は診療所開設の基礎となる講義の2回目でした。
・開業エリアとスタイル
・診療圏調査
についてでした。

<内容>
開業エリアとスタイルについて
・今後開業を考えている人にはとても参考になる話でした。
・「クリニックモール、駅前ビルテナント開業、戸建て開業」など、開業の形も多様化していることを考えさせられました。

診療圏調査について
・高橋事務局長が自分の経験の中から様々な「問:この病院の顧客はどこの場所から来ているでしょう?地理的特徴から考えなさい」を用意して下さいました。
・フェロー同士で意見も出し合いましたが、結果は「ほー、なるほどー」というようなことが多く、実際に経験しないとわからないことが凝縮されていた、有難い授業でした!!

<一言>
経験に勝る学びなし。その経験を分けてもらえる、有難い機会でした。

診療所開業③も楽しみです!!

経営品質

【F2】経営(応用)「診療所開設①(高橋局長)」2020.10.20(柏﨑)

HCFMフェローの経営(応用コース)では、診療所開設の計画を立てます。
その基礎となる講義が、3回シリーズで展開されます。今回はその1回目でした。
フェローシップを選ぶ人は、「ゆくゆくは診療所を継承する、開設する」という目的を持った人が多いですので、そういう意味では、肝となる講義の一つと言えるでしょう。

<内容>
キーワード:経営理念、開業目的
「どうすればうまく開業できるか」を考える前に、まずは「開業目的・理念を明確にする」のが大事とのお話でした。
「なぜ開業するのか」、「開業して何を実現したいのか」、「何をすればそれを実現できるのか」と自分に問いかけ、座右の銘、人生観、経験、専門性なども振り返り、
考えを深めることが大事ということで、実際に皆でそれを考えてみました。四者四様で興味深かったです。
実際に開業するには、考えを深め、理念を固めるのが第一で、そこさえ決まれば、
診療方針→開業スタイル→開業エリア→開業計画(診療権調査、収入資産、費用試算、融資計画)→実践、と一直線に進みます!(とのことです)

<感想>
ビジョナリーカンパニーでも「理念」は何度も出てきますが、やはり大事なのだなぁと思う講義でした。

<一言>
「理念を考える」というのはまさに「緊急ではないが重要なこと」で、日常に埋もれやすいけれど、やっぱり重要ですね。
講義中の10分程度でも考えは深まったので、意外とその「緊急ではないが重要なこと」をする時間は日常に転がっているんだなと気づきました。
次の②③も楽しみです!

b90583a01b975062c9e807419e7fc2b6












copyright© HCFM inc. all rights reserved.