後期研修後の「経験からの学習」を支えるフェローシップ

20110219

十勝の冬を満喫している更別村国保診療所のフェローの松井善典です。
北海道の冬というと積雪の多さや曇天のイメージですが、ここ十勝では積雪が少なく一週間のほとんどが晴天です。
こんなにも美しくて過ごしやすい冬があるとは全く知りませんでした。

何事も経験しないとわかりませんね・・・。
と、いうことで今日は経験学習について・・・。

家庭医療専門医を目指していた後期研修医の一年目の時に、一冊の本と出合いました。
「経験からの学習~プロフェッショナルへの成長プロセス~」というタイトルの本です。

あなたのお薦めの一冊は?という質問があれば、「これ!」と答える名著です。

「企業における熟達者はいかに経験から学んでいるのか?」というリサーチクエスチョンから
・経験そのものの特性
・学習を促進する個人の特性
・学習を促進する組織特性
の3点より複数の分析・理論的考察を重ね、「経験学習の質は、所属する組織の特性と個人の信念によって決まる」というモデルが提示されています。
個人の内的経験だけではなく組織の外的経験からも学習している、その鍵を握るのが「仕事の信念」であるという指摘に大変納得しました。

実はこのモデル、HCFMのフェローの成長と熟達化にマッチ!と個人的に思っています。

フェローシップでは診療所の副所長/副院長として、後期研修医から1歩(ときに10歩!!)先の挑戦的な課題に取り組んでいます。
何より診療、教育、研究、経営とその課題の領域が幅広く、その各領域での知識・スキル特性をOn the JobのAction learningと、Off the Jobのグループ学習で振り返りながら学んでいます。またフェローそれぞれの働く現場が異なるため、その診療所における家庭医の歴史や組織ライフサイクルも異なり、その差異から学べる一方で、フェロー同士のディスカッションから共通の「パターン」や「流れ」が見えてくる印象があります。そして、上司や先輩たちからコーチング、メンタリングを公式・非公式に受けられるサポートが何より財産です。

これらの経験からの学習を通して、家庭医療の実践者として・教育者として・研究者として・経営者としての信念が醸成されている実感があります。そして、この信念こそが、家庭医としての様々な意思決定や学習や挑戦のためのモチベーション、プロとしての自覚を形成してくれている感覚があります。まだフェローとして一年しかたっていませんが、ぼんやりとしたものの輪郭が少し見えてきました。

来年度の挑戦は、今年度そのきっかけが見えた、フェローの活動そのものをHCFMの各領域の継続的な質の改善に繋げていくことです。私の主たる担当は教育分野(個人的には研究も)なので、日々の診療・教育面でも確実に力を付けながらも組織の横軸として、ミドルプレイヤーとして貢献と挑戦を続けていきたいと思っています。

7月の学術大会に向けて

理事長の草場です。

20110203

今年の冬は本当に寒くて雪が多い、冬らしい冬です。雪の少ない室蘭も1月は過去最高の積雪量とのこと。患者さんも足腰が痛いとこぼしていますが、ぱらぱらと降る雪に何か喜びを感じてしまうのは九州育ちのゆえでしょう。

 さて、北海道家庭医療学センターは今年の7月に日本プライマリ・ケア連合学会の第2回学術大会を主催します。もちろんこうした学会を主催するのは初めてですので、最初は戸惑うことばかりでしたが、北海道のプライマリ・ケアを支えておられる皆さんと一緒に様々な企画を考える作業は思いの外、楽しいものでした。

 私の中では数年前に旧家庭医療学会で佐賀の故・白浜先生が主催された大会が非常に印象深く、参加者一人一人が多くの学びを得ながら、互いに交流を深めて楽しんでいる様が、準備作業の中でいつも頭に浮かんできます。学術も深め、知識や技能の実利も得て、多くの仲間と旧交を温め、未知の出会いも楽しめる学会。そんな学会をこの夏に札幌で開けたらなと思って日々準備に励んでいます。

 この文章をご覧になった方。是非、7/2−3に札幌の学会へいらしてください!
 心からお待ちしております。

 ホームページ:http://www.ibmd.jp/jpca2011/

on-site FaMReF

こんにちは。後期研修3年目で現在は上川医療センターで研修してます榎原です。

20110131_1

1/29、30と登別温泉で行われたon-site FaMRefについて紹介しようと思います。

on-site FaMRefは2ヶ月に1回後期研修医が全員集まって家庭医としての学びを深めるのはもちろんですが、別々の場所で研修を行っている研修医がそれぞれの悩みや学びを顔を合わせて共有できる場です。
もちろん夜はお酒も入るのでかなり楽しい宴になります。

今までは札幌、上川、室蘭で行われてきましたが、今回は来年度から後期研修に加わる先生方も参加して親睦を深める意味合いもあり登別温泉で開催されました。

初日のスケジュールは
①自己紹介
②理事長からの「HCFMとは」の講演
③サイト紹介
④来年度のレジデント部門の会議
⑤来年度のローテーション会議
⑥懇親会

20110131_2


2日目のスケジュールは
①S1の先生によるポートフォリオ発表
②懇親企画「家庭医における喜び、家庭医になることへの期待」

20110131_3

S1の先生による発表では1年間の成長を実感することができてうれしい反面、自分の1年目の時と比べてしまい後輩の成長に自分が焦りを感じてしまいました。頼もしい後輩がたくさんいます。
異なるセッティングで研修している研修医がそれぞれ2ヶ月の間で学んだことを共有できる場があるということは研修医にとっては非常にありがたいことです。そんなわけで刺激をもらった研修医はそれぞれのサイトで今日からまた研修に励んでいます。

次回のon-site FaMRefは3月に札幌で開催されます。

第2回fMAP臨床研究スクーリング

北海道家庭医療学センターフェロー兼北星ファミリークリニック副院長として昨年4月より旭川で勤務しています成島です。

20110122

フェローにおける4カテゴリー(臨床、教育、経営、研究)のうちの一つである「研究」に関して、fMAPスクーリングが1月22-23日に行われました。TV会議システムを利用した通常の臨床研究の遠隔講義とは別に、fMAP臨床研究第1期生の5名(ニックネーム:なるちゃん、みやっち、はっちゃん、なかちゃん、じょーむ)が札幌にあつまり、研究内容について指導医を交えて議論を交わす場です。

今がまさに良い研究を生み出すための生みの苦しみを味わっている段階です。

素敵な研究をするためには、たとえ朝5時からのSkypeで打ち合わせがあろうとも,
今後も頑張って参加したいと思います!

日程:
2011年1月22日(土)
10:00~10:15 オリエンテーション
10:15~12:15 統計実習(講師:山口拓洋先生)
13:35~15:05 統計実習(講師:山口拓洋先生)
15:15~15:45 「fMAP第9回講義への質問の解説」(講師:福原先生・山口先生)
15:45~16:15 グループ発表
16:15~16:45 ディスカッション
16:45~17:30 メンタリング・フィードバック

2011年1月23日(日)
9:30~11:30 グループワーク及びメンタリング・フィードバック 
11:30~11:40 まとめ及び次回までの課題について

fMAPの詳細については、以下を是非ご参照下さい。

http://www.fmap4c.jp/

第2回 family medicine forum in ニセコ

みなさま、平成23年もすでに数日経過しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
私は寿都町立寿都診療所で所長を務めております中川貴史です。

20110107

今年度から始まった勉強会です。
名前はfamily medicine forum、略してFMSです。
スタッフやフェローの学びの場として、また、日々忙しく働いている医師らの家族同士の交流の場としての活用することを目的としております。

第2回目はニセコで2011年1月8日~10日まで開催します。
場所はヒルトンニセコビレッジです。
スケジュールは

1月8日 土曜日
14:45~ オリエンテーション
15:00~ AUDIT実施と指導法について(担当:草場先生)
16:00~ ケース検討会、先進事例紹介(担当:更別サイト、寿都サイト、旭川サイト)
18:00~ 夕食

1月9日 日曜日
 8:30~ 教育セッション Global Ratingについて(担当:安藤先生)
10:10~ Human resource management(担当:事務局 高橋さん)
13:00~ フリータイム
21:00~ ナイトセッション

1月10日 月曜日
8:30~ プロジェクト進捗状況報告会

と盛りだくさんです。

今回私はケース検討会、先進事例紹介にて
寿都診療所における上部消化管内視鏡検査の導入、実施、教育などに至る部分の報告を行い、北海道家庭医療学センター内での研修、実践の質向上を狙いたいと思っています。
それでは、みなさん、今年もお元気でお過ごしください!

S3 on-line FaMReF

こんにちは。後期研修医3年目でチーフレジデントの加藤光樹です。

20101228

ここでは先日実施したS3 on-line FaMReFについてご紹介したいと思います。
 
 FaMReFはFamily Medicine Resident Forumの略称であり、家庭医療後期研修医が家庭医らしい学びを共有するための勉強会です。on-lineとはテレビ会議システムを用いて各サイトのレジデントと学びを共有することを、S3というのは後期研修医3年目が対象であることを意味します。
 現在は学年別の学びの共有にon-line、学年横断的学びの共有にon-site(レジデントが1ヶ所に集まって勉強会を年6回)という体制で実施中です(来年度は若干内容の変更も検討中です)。
 共有内容は「近況」、「研修状況」、「前回目標の確認」、「Disease面で深い学びがあった症例」、「Illness面で深い学びがあった症例」、「できなかったこと」、「できたこと」、「内省」、「次回までの目標」です。

 先日私が発表したのは紹介する過程においてプロフェッショナリズムを意識した対応が要求され、診療所医師内でSignificant Event Analysis(※注:重大な事例に関わった医師が同僚やチームとともに経験を省察することで今後の改善に繋げる手法で特にプロフェッショナリズム教育において重要視されている)を実施した症例を共有しました。
 様々なコメントをもらい、自分では気付かなかった視点やさらに深い学びが得られ大変有益でした。
 こんな感じでon-line FaMReFは毎月、on-site FaMReFは2ヶ月に1回実施して学びを深めています。こうした充実した研修環境に感謝です。次回以降ではon-siteの様子も報告できたらと思います。ではでは。

京都大学臨床疫学コース スクーリング

こんにちは、フェローの佐藤弘太郎です。

20101221_1

先日12月18-19日と、ほかの研究メンバー3人+草場先生と現在計画している臨床研究の検討会へ行って参りました。

家庭医=臨床現場、患者さんや家族と最も近い位置、で「研究なんて…」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ただ研究といっても、よく大学の基礎でやるような、たんぱくの電気泳動やいわゆるラボでやるようなものではなくて、臨床の疑問に基づく研究テーマ設定を行いやっていくものです。今回わたし達が検討しているのは、家庭医のコアスキルの一つである「家族志向型ケアと介護負担感の関係について」です。
わたしたちプライマリ・ケアの分野は本当にわかっているようで分かっていないことが多く、研究テーマの宝庫であります。このような研究を実際に行いつつ、その方法論を学ぶこともできるのも、フェローの良さかな~と感じています。

20101221_2

事務局です!

HCFM事務局の中田です!

このブログは基本的には先生方が更新をしていきますが、学生さん向けの説明会情報の発信など、チョイチョイ事務局も顔を出すと思いますので、宜しくお願いします。

わたくし中田、HCFM歴はまだ短いのですが、栄町ファミリークリニックの事務をしつつ、HCFMの広報やリクルートなどを担当しています。見学や実習などの窓口もしておりますので、HCFMに興味のある方は中田宛お問い合わせください!

さて、そんな私を象徴する写真を一枚。

20101213

ええ、メガネです。眼鏡。
ろくに勉強もしていないのに目が悪く、中学生の頃からコンタクトをしています。
その後コンタクトすら億劫になり、大学時代に初めて眼鏡を作りました。(写真は2代目メガネ)今はスポーツをする時以外はほとんど眼鏡です。

最初は自分も周りも違和感に包まれていたのに、気づけば「メガネ君」やら「メガネ小僧」と呼ばれる始末です。

写真を見ていただくと分かりますが、このレンズ、「特厚」です!(お金を出せば薄くなるのですが、、)
もう裸眼だと生活に支障をきたす程視力が低下しています。
最近レ―シックをする人も増えているみたいなのですが、実際どうなのでしょう?誰か経験されている人がいたら感想をお聞かせ下さい!

そんなわけで、あっという間に師走に入り今年も残す所あと僅かです。
空気も乾燥してきて、目も乾き、風邪もひきやすくなります。皆さんも風邪など引かずに2010年を乗り切りましょう!

トップバッター!

栄町ファミリークリニックのまつだです。

20101202_1

まずはHCFMブログのトップバッターとして、先日勉強してきたことをご報告します(^-^)

先日、土日を利用して、東京で「対人関係療法」を勉強してきました!

「対人関係療法」…みなさんは聞いたことはあるでしょうか?
対人関係療法とは、日本ではまだ一般的な認知度は低いのですが、海外では「認知行動療法」と双璧をなすエビデンスのある短期精神療法です。

認知行動療法との違いは、認知行動療法が「認知」に焦点を当てて間接的に感情を改善させていくのに対し、対人関係療法では「重要な他者との関係性・コミュニケーションパターン」に焦点を当て、直接的に感情を改善させていくところです。

実際学んでみると「対人関係療法」という仰々しい(?)名前ですが、実際には「コミュニケーションのための技術」であり、患者さんにそれを学んでもらうことで患者さんがよくなるだけではなく、自分自身のコミュニケーション法にも非常に実用的な方法だと思いました!

20101202_2

詳細な内容については、次回のまつだ担当のJournal clubで書こうと思います。
ぜひぜひ楽しみにしていてくださいね(^-^)

…ふさわしい写真がなかったので、まつだの子供のころの写真ですf(^-^;

HCFMブログが始まります!

はじめまして!
栄町ファミリークリニックの松田諭(まつださとし)と申します。
このたび、北海道家庭医療学センターのホームページを通して、ぜひメンバーの人柄が見えるような形を作りたい!ということで、メンバーのブログリレーを始めることになりました。

20101125

HCFMメンバーの楽しいことや大変なこと…日々の姿を見ていただきながら、こんなメンバーが集まっている集団なのかぁと楽しんでいただければ幸いです。
ぜひぜひのぞいてみてくださいね(^-^)!

次回はトップバッターとして、まつだ自身の自己紹介・日常生活などご紹介します!
宜しくお願いいたします!

1 9 10 11 12 13
copyright© HCFM inc. all rights reserved.