物語の登場人物



佐藤弘太郎
(本輪西ファミリークリニック 院長)
   家庭医は、患者さんの診察をするとき、目の前の患者さんのことはもちろん、その患者さんに関わる人々のことも考えています。それは、その人々が、患者さんが診察室で語る物語の登場人物だからです。例えば、風邪をひいたといって受診された20代の女性が、実は、幼稚園の先生で、園児にうつしてはいけないので、早く治したいという希望があったということがわかったり、また、頭痛を訴えて受診された40代の女性が、脳卒中を患った母を介護していて、自分も脳卒中を起こしたのではないかと心配していた事例があります。このように、物語では患者さん以外の他の登場人物が必ず出てきます。

 このような患者さんの物語の中で、主人公である患者さんの次に最もよく出てくる登場人物は、家族です。そして、家庭医療の中では、家族に関わる分野は、家族志向型ケアとして家庭医療のたくさんある特長の一つに位置づけられており、診療・教育・研究が行われています。
家族志向型ケアと家族図




 まず、家庭医が大切にしているのは、家族図です。図のように、誰と誰に血縁関係があり、誰が一緒に住んでいるのか、また、誰と誰が親密なのか、などを記載します。この家族図を診察の際に見ることで、家庭医は、患者さんの物語の登場人物を把握し、診察室にいない家族のことも考えながら、診察を進めることができます。
▶ クリックで拡大します

家族の病気について

 次に、患者さんの診察をします。Aさんは32歳の男性で、頭痛を主訴に来院されています。お話を聞くと、父方の祖母がくも膜下出血で亡くなっており、父親は、脳動脈瘤の手術を受けておられました。このように、Aさんのご家族の病気についてお聞きすることで、高血圧症のような遺伝性疾患を考えるきっかけになることもあります。
家族が健康についての考えや
行動に大きな影響を与える
  診察が進むと、Aさんは自分の意志ではなく、母親に強く進められて、受診したことがわかってきました。夫の母親のくも膜下出血や夫の脳動脈瘤が、Aさんにも起きるのではないかと心配で、Aさんに受診を進めたようです。このように、患者の最初の症状に関わるのが家族であることが多く、家族が患者の受診行動に影響を与えるということがわかっていますので、家庭医は、患者さんが受診された真の理由に、家族が関わっていないか、注意深く耳を傾けます。

 そして、Aさんの頭痛が、職場で転勤を命じられたのを契機に始まったことがわかってきました。転勤先では、主任を任されることになっており、Aさんにとっては栄転なのですが、自分の能力に自信がなく、ストレスに感じていることもわかってきました。このように、患者さん自身の人生の中で、どのような段階(たとえば職場。Aさんの場合は出世)にいるのかということが、症状に影響する可能性があることもわかっています。






家庭医の理論を学ぶのに、以下の参考文献をご参照下さい。そして、その実践を我々のところで見て頂ければと思います。

参考文献:葛西龍樹(2002)『家庭医療』ライフメディコム      
     松下明(2006)『家族志向のプライマリ・ケア』シュプリンガー・フェアクラーク東京

about us

▶ Top Message
▶ HCFM Group
▶ 概要
▶ 沿革
▶ 業績
家庭医療とは

▶ 家庭医療とは
▶ 家庭医療の概念
▶ 家庭医療の歴史
▶ 患者中心の医療の方法
▶ 家族志向型ケア
▶ 地域志向型ケア
▶ 参考書籍紹介
教育・研修

▶ 後期研修
▶ フェローシップ
▶ 初期研修
▶ 見学・実習
▶ OB・見学・
 実習者の声


HCFM STAFF

▶ スタッフ医師
▶ フェロー
▶ 専攻医
▶ 看護介護スタッフ
▶ リハビリスタッフ
募集案内

▶ 見学・実習者募集
▶ 専攻医(後期研修医)
▶ フェローシップ募集
▶ Access
都市部診療所

▶ 本輪西ファミリークリニック
▶ 栄町ファミリークリニック
▶ 北星ファミリークリニック
▶ 若草ファミリークリニック
▶ 向陽台ファミリークリニック
▶ 北海道社会事業協会帯広病院
郡部診療所

▶ 国民健康保険上川医療センター
▶ 更別村国民健康保険診療所
▶ 寿都町立寿都診療所
▶ 浅井東診療所
リンク・協力機関

▶ Face book
▶ HCFM blog
▶ ジャーナルクラブ
▶ 研修協力施設群
▶ 初期研修支援事業
  協力施設群

|お問合せ|サイトマップ
copyright© HCFM inc. all rights reserved.