家族志向型ケア

佐藤弘太郎 | 本輪西ファミリークリニック 院長

物語の登場人物

家庭医は、患者さんの診察をするとき、目の前の患者さんのことはもちろん、その患者さんに関わる人々のことも考えています。それは、その人々が、患者さんが診察室で語る物語の登場人物だからです。例えば、風邪をひいたといって受診された20代の女性が、実は、幼稚園の先生で、園児にうつしてはいけないので、早く治したいという希望があったということがわかったり、また、頭痛を訴えて受診された40代の女性が、脳卒中を患った母を介護していて、自分も脳卒中を起こしたのではないかと心配していた事例があります。このように、物語では患者さん以外の他の登場人物が必ず出てきます。

このような患者さんの物語の中で、主人公である患者さんの次に最もよく出てくる登場人物は、家族です。そして、家庭医療の中では、家族に関わる分野は、家族志向型ケアとして家庭医療のたくさんある特長の一つに位置づけられており、診療・教育・研究が行われています。

家族志向型ケアと家族図

まず、家庭医が大切にしているのは、家族図です。図のように、誰と誰に血縁関係があり、誰が一緒に住んでいるのか、また、誰と誰が親密なのか、などを記載します。この家族図を診察の際に見ることで、家庭医は、患者さんの物語の登場人物を把握し、診察室にいない家族のことも考えながら、診察を進めることができます。

家族の病気について

次に、患者さんの診察をします。Aさんは32歳の男性で、頭痛を主訴に来院されています。お話を聞くと、父方の祖母がくも膜下出血で亡くなっており、父親は、脳動脈瘤の手術を受けておられました。このように、Aさんのご家族の病気についてお聞きすることで、高血圧症のような遺伝性疾患を考えるきっかけになることもあります。

家族が与える影響について

診察が進むと、Aさんは自分の意志ではなく、母親に強く進められて、受診したことがわかってきました。夫の母親のくも膜下出血や夫の脳動脈瘤が、Aさんにも起きるのではないかと心配で、Aさんに受診を進めたようです。このように、患者の最初の症状に関わるのが家族であることが多く、家族が患者の受診行動に影響を与えるということがわかっていますので、家庭医は、患者さんが受診された真の理由に、家族が関わっていないか、注意深く耳を傾けます。そして、Aさんの頭痛が、職場で転勤を命じられたのを契機に始まったことがわかってきました。転勤先では、主任を任されることになっており、Aさんにとっては栄転なのですが、自分の能力に自信がなく、ストレスに感じていることもわかってきました。このように、患者さん自身の人生の中で、どのような段階(たとえば職場。Aさんの場合は出世)にいるのかということが、症状に影響する可能性があることもわかっています。

家族志向型ケア:family-oriented care

  1. 病気を心理社会的な広がりでとらえる
  2. 家族というコンテクストの中で患者に焦点を当てる
    1. 家族が健康についての考えや行動に大きな影響を与える
    2. ファミリー・ライフルサイクルの移行期のストレスが身体症状化する
    3. 身体症状が家族の適応機能として働く
    4. 家族が病気の患者を支える資源となる
  3. 患者・家族と医療者がケアのパートナーになる
  4. 医療者が治療システムの一部として機能する
  5. 家族もケアの対象である

家庭医の理論を学ぶのに、以下の参考文献をご参照下さい。そして、その実践を我々のところで見て頂ければと思います。

参考文献:葛西龍樹(2002)『家庭医療』ライフメディコム/松下明(2006)『家族志向のプライマリ・ケア』シュプリンガー・フェアクラーク東京

PA GE TOP