~個人レベルと家族レベルの「家族ライフサイクル」の視点を活かす~

【文献】
精神療法 特集「家族の歴史を治療に活かす」2009年2月号
家族ライフサイクルを活かす~臨床的問題を家族システムの発達課題と危機から捉えなおす

【要約】
家族ライフサイクルの各段階にはその段階に特有の発達課題があり、それに伴う発達的危機がある。これは平均的な家族が共通して経験するもので、ある程度は予測可能なものである。この危機は、適切に対処できない場合は特定のメンバーの問題行動につながったり、関係性が悪化する危険があるが、適切に対処できた場合は、関係性が親密になったり、家族として成長につながる可能性もある。
つまり、現場で出会う個人や家族の多くは十分に変化し成長することができず、困っているのであり、家族が発達的危機を乗り越え、次の段階に移行できるような変化を促進することが臨床家に求められる。
(表1参照)
《第一段階:結婚前の成人期 ―家からの巣立ちと家族の基盤つくり―》
この段階は、既に原家族から離れつつあるものの、まだ自分自身の新たな家族を形成するには至っていない移行期である。ここでの個人レベルの発達課題は、職業を選択してそれにコミットする(アイデンティティの確立)、そして経済的に自立すること(心理的自立を促す)が挙げられる。また個人の対人関係に関わる課題としては、同性・異性と親密な関係を築くことが挙げられている。親密とは、自分らしさを失うことなく、自分とは異なる個性をもった相手と心理的に近づくことができることである。また家族レベルの発達課題としては、源家族との関係での自己分化である。とりわけ親との関係において親密な関係を保ちながらも 分は自分であるという姿勢を保つことである。

《第二段階:新婚夫婦の時期 ―二つの異なる家族システムの結合―》
一般的に幸福なイメージを持ちやすい新婚期であるが、同居期間別の離婚率は、5年未満の夫婦が一番高い。現実に結婚生活が始まると、それまでの人生に身につけてきた、性格、価値 観、家族観などの違いに日々直面する。当人たちは自分が正しいと思い込んでおり深刻な葛藤に発展する可能性もある。こうした中、葛藤を乗り越えるのは、コミュニケーションと問題解決スキルが身についているかどうか?である。またなるべくお互いに満足できるような結論を出そうとするアサーティブな姿勢が重要である。

《第三段階:乳児期を育てる時期 ―幸せとストレスの狭間―》
子供の誕生は、多くの夫婦に至福の喜びをもたらすと同時に、心理的、肉体的、経済的なストレスをもたらす。家事と育児を二人でどう分担するか?仕事と家庭の両立、実家からの援助、子育ての方針など葛藤や衝突を繰り返しながら、徐々に解決していくと夫婦の絆は強いものになるが、うまくいかない場合は悪化する危険性も秘めている。また子どもの誕生は、祖父、祖母という役割が生まれ、子育てに取り組む夫婦の心理的サポートにであればいいが、過剰に介入する場合もある。

《第四段階:学童期の子どもを育てる時期 ―生活の広がりと境界の維持―》
子どもが小学校に通う学童期は、子どもの能力や個性に合わせた育て方が重要である。また親として家族と外の社会の間に適切な境界を築くという新たな役割が生じてきたと言えるかもしれない。親子の親密な関係は保ちながらも、夫婦連合が維持され、親世代と子ども世代との世代間境界も明確であることが望まれる。

《第五段階:思春期・青年期の子どもを育てる時期 ―健康な家族でも揺れる段階―》
様々な子どもの問題や親子の衝突が起こりやすくなり、この段階は家族ライフサイクルの中でも最も困難な段階である。子どもは第2次性徴や、他人の目に敏感になる、進路選択、職業選択など自分らしさとは何か?とアイデンティティを確立していかなくてはならない。中高年になった親は、肉体的な衰えを感じ、仕事でも重責を担い、自分の能力の限界に直面することもある。また老年期を迎える自分の親、パートナーの親の世話が現実的になってくるのもこの段階である。親子の関係でみると、親は子どもが大人になりつつあることを認め、子供の自立の試みを支えていかなければいけない面と、まだまだ情緒的には幼い部分があるために、傷つきや不安を受け止め、依存できる場を保証してやらなければいけない面があり、親として柔軟に関わることは容易ではない。さらに夫婦関係の問題もある。この段階で子どもに問題が生じたとき、父親がいかにそこに関与するか、夫婦として協力して補い合えるかもポイントになる。

《第六段階:子どもの巣立ちとそれに続く時期 ―岐路に立つ家族―》
この段階は子どもを中心に考えれば第一段階に相当する。子どもは進学や就職、結婚により巣立ちをしなければならないが、同時にそれは親が子離れしなければならないことを意味する。親の夫婦関係が良好であればそうした移行も乗り越えていけるが、それまで子どもを生き甲斐にしてきたような場合や、子どもがいることで夫婦間の葛藤を否認してきたような場合は、成人した子どもへの過干渉という問題にもつながる。また熟年離婚もこの時期に多い。抑うつには自尊心の低下が関係しているが、男性では退職の前後、女性では巣立ちの時期が問題になることが多い。

《第七段階:老年期の家族 ―さまざまな別れと人生の統合―》
老年期を迎え、自身やパートナーの老化に直面し、さまざまな喪失に対処していかなければならない段階である。それまでの人生を振り返りありのまま受け入れること、そして、死への準備をしていくことが課題になる。これらは家族との絆が保たれ、家族のみならずさまざまな社会的資源に恵まれていて初めて可能になる。

《家族ライフサイクルの世代間伝達》
臨床問題を家族ライフサイクルの観点から理解しようとする時、ケースによっては世代をさかのぼ り、発達課題がどのように前の世代から未解決なまま現在に持ち越されているのかを理解する必要があることがある。例)虐待の問題。親自身が思春期のときに 自分の親と葛藤を経験し、今の子どもとも同様の葛藤をしている。

《臨床家自身の家族ライフサイクル》
臨床家自身が家族ライフサイクルのどの段階にいるのか、それは患者の段階と一致しているのか否か。一致していないとすれば、すでに臨床家が経験した段階か、それとも未知の段階か、いずれの場合も、それが適切な理解と援助に結びつく場合もあれば、阻害する要因にもなりうる。例えば、臨床家自身が思春期の子どもと葛藤状態にあるとき、親の傷つきや苦しみを共感的に理解しやすい場面もあるが、反抗的な中学生の患者に、批判的になってしまうかもしれない。臨床家は、家族メンバーの誰に対して、どのような感情を抱いているのか、どのように理解しているのか、自分自身の家族ライフサイクルとどう関連しているのかを日頃から意識化しておく必要がある。

《おわりに》
家族ライフサイクルの視点は、患者の症状や問題の意味を、家族システムの発達課題と危機という角度から理解することを可能にする。ただ離婚や再婚の問題、未婚化・晩婚化、できちゃった婚も増えてきている。このように家族のありようも変化しており、家族ライフサイクルという枠組みに縛られてしまうと平均的なプロセスをたどっていない人や家族に病理のレッテルを貼ることになりかねない。家族ライフサイクルの枠組みを活用しながらも、それに捉われない柔軟さが必要であろう。

【開催日】
2010年11月17日(水)












copyright© HCFM inc. all rights reserved.