家庭医療学冬期セミナー に参加いたします!  2月15日(土)~16日(日)
2013年11月28日

2014年2月15日(土)~16日(日)に開催される「第9回 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー」に当センター医師がワークショップを受け持ちます!

2014年2月15日(土)
13:00~14:30 WS 1 「地域ヘルスプロモーション」 山田康介 松井善典
15:00~16:30 WS12 「貴方の新郎スキルを試そう!~挑戦!家庭医診療所"模擬"外来!」 中村琢弥

2014年2月16日(日)
8:45~10:15 WS19 「マネジメントリフレクション」 加藤光樹 村井紀太郎
8:45~10:15 WS22 「実践!決断の共有」 草場鉄周 宮地純一郎 北山 周
皆様のお越しをお待ちしております!!

→若手医師のための家庭医療学冬期セミナー



11月16日(土)秋季セミナーに参加します!
2013年11月14日

PCA秋季セミナー
11月16日(土)16:40~18:10
講演Ⅵ.
「地域医療の第一線で小児医療を提供する医師の学びの実際と生涯教育のあり方を考える」 
司会:HCFM理事長 草場鉄周

センター理事長の草場が司会を担当いたします!
また、HCFM医師も参加しておりますので、HCFMに興味ある方や後期研修プログラム、フェローシッププログラムにご興味ある方などなど、ぜひお声掛けください☆☆

→生涯教育秋季セミナー



On-Site FaMReF in札幌 2013.10.26-27 開催のご案内☆
2013年10月08日

定員となりましたので参加希望は締切とさせていただきました!

ありがとうございました!


HCFMでは後期研修医が一同に集まる勉強会、
On-Site FaMReFを年4回実施しており、第3回目を下記日程で開催いたします♪

  ※FaMReF とはFamily Medicine Resident Forumの略称で、
   指導医のサポートを受けながら、レジデントが主体となった家庭医療セミナーです。

そこで、On-Site FaMReFにオブザーバー参加いただける
医学生・初期研修医・後期研修医の方を募集しております。
当日は一部ご参加いただいた方向けの特別コンテンツを計画予定です。

是非ご参加ください! 参加希望の方は、メール info@hcfm.jp にて返信いただけましたら幸いです。
Facebookイベント https://www.facebook.com/events/656488891029113/
にて「参加する」でも構いません♪

HCFM Facebook  https://www.facebook.com/hcfm.jp

Facebookを利用されていないご友人にお勧めいただく場合は
参加意向につき以下のアドレス↓までご連絡ください!
E-mail: info@hcfm.jp  http://www.hcfm.jp/inquiry/
後日事務局よりご連絡申し上げます。

家庭医療にご興味のある方、当センターをもっと知りたい医学生・研修医の方は 是非ご参加いただけたらと思います。 スタッフ一同お待ちしております!

【開催日】
平成25年10月26日(土)・27日(日)

【開催場所】
 栄町ファミリークリニック http://www.hcfm.jp/hcfm/clinic/clinic05.html
 札幌市東区北41条東15丁目1-18

【参加費】
無料 (交通費の支給はありません。)

タイムスケジュール
10/26 Sat
12:30~12:45  挨拶(松井先生)
12:45~14:45  家庭医療レクチャー (松田先生)
15:00~16:00  症例からの学び(塚本先生)
16:10~17:10  症例からの学び(野口先生)
17:20~18:20  検討中コンテンツ
19:00~      懇親会

10/27 Sun
9:00~12:10  参加者による交流会 (堀先生)

※次回 第4回 2月8-9日




フェロー応募受付中★
2013年09月06日

【フェロー募集中】
<北海道家庭医療学センター 家庭医療フェローシッププログラム>

● Q:家庭医療フェローシップとは? その特徴は?
 A:「家庭医療フェローシップ」とは、<深みある家庭医療の実践力><家庭医としての教育能力><家庭医療フィールドでの臨床研究能力><診療所の経営能力>の獲得を目的とした、家庭医療専門医研修修了者あるいはそれに準ずる方に対する2年間の指導医養成プログラムを2007年より提供しています。
 プログラムの最大の特徴は、上記の4領域について、知識を座学で得る機会と、実践を現場で行う機会の双方を提供し、その往復から確実に成長・変化の実感を得られるところにあり、最終的には自立した指導医として生涯成長していくための軸を得ることを目指します。
 プログラムの具体的なカリキュラム・教育方法についてはフェローシップHPをご覧ください。
HP:http://hcfm.jp/education/fellow/


● Q:応募するかどうか検討したいが、見学は可能か?
 A:見学はいつでも受け付けております。下記問い合わせ先までご相談下さい。
● Q:プログラムの指導医や体験者の生の声が聞きたいが、どうしたらよいか?
 A:上述のような見学のチャンスがないが、考慮したい、詳細が知りたいという方がいらっしゃれば、
学会のイベントなどでお見かけ頂いた際に声をかけて頂いても結構です。
直近ですと、夏期セミナーにはプログラム責任者の草場、副責任者宮地、現役フェロー数名も講師として参加するため、
見かけたらお気軽に声をおかけ下さい。

● Q:応募したいが、どうしたらよいか?
 A:募集要綱の詳細は<フェローシップHP:http://www.hcfm.jp/recruitment/fellow.html >にございます。ご参照下さい。


●メールでの問い合わせ先
事務局(info@hcfm.jp)までお気軽にご連絡下さい。

 北の大地での家庭医としての大きな成長を期待する方、指導医としての確かな実力をつけたい方、多くの皆様の応募を楽しみにしております。




平成26年度 後期研修医募集中☆
2013年09月06日

【後期研修医募集中!】
<北海道家庭医療学センター 家庭医療後期研修プログラム>
 当プログラムは16年という日本でも有数の歴史を誇るプログラムです。以下記載のような特徴があり、3年間でバランスのとれた家庭医へと成長できる内容となっています。

 また、2014年度に研修を開始する皆さんに合わせて、いち早く日本プライマリ・ケア連合学会の新たな改訂後期研修プログラム(Ver2)に準拠する予定です

下記のホームページ・フェイスブックページもご参照ください
HCFM HP http://www.hcfm.jp/education/
Facebook Page  https://www.facebook.com/hcfm.jp
1.多様性に対応する力の醸成
 3つのシチュエーションでの研修で、幅広い分野の疾患に対する確かな臨床能力と、地域社会や関係者との洗練された連携・調整力を鍛えます。特に「患者中心の医療の方法」を背景とした深い個別ケア、行政や他職種を巻き込んだ地域包括ケアでの連携・調整力は、HCFMが教育に自信をもっている分野です。

■地域型診療所(全て有床診療所)
 外傷やマイナーエマージェンシーを含めた様々な疾患経験、有床診療所病棟管理、行政や保健との連携・調整など
■都市型診療所(全て在宅療養支援診療所)
 緩和ケアを含めたあらゆる疾患の在宅医療(他に例をみない数と質)、都会ならではの関連医療介護職種との複雑な連携・調整など
■病棟研修(上部消化管内視鏡研修含む)
 common diseaseの入院管理能力、未分化な病態への臨床診断、上部消化管内視鏡の習得(※北海道の診療所では求められます)など。

2.生涯学習サポート
■目標管理
 プライマリ・ケア連合学会の研修目標を包括するHCFM独自研修目標をもちつつ、さらに後期研修医一人一人にカスタマイズした個別研修目標を作成し、毎月振り返りを施行します。
■ポートフォリオ作成支援
 家庭医療専門医申請に必要なポートフォリオ作成について、各ポートフォリオについて指導医2名が完全指導、学びを概念化・結晶化させます。
■志を同じくする仲間達との定期勉強会
 後期研修医コミュニティーがあり多くの後期研修医と悩みと学びを共有することで、あなたのモチベーションは高まり学びが深まります。毎週TV会議にてon-line Family Medicine Resident Forum (FamReF)を開催。家庭医療コア領域の学びを年間を通して学びます。また、年4回、on-site FaMReFとして全員が一ヶ所に集まりface-to-faceで学びを深めていきます。
■現場指導
 各サイトは院長、フェロー、後期研修医の3名体制が基本構成です。教育の教育を受けた所長養成コース(フェローシップコース)在籍中のフェロー、またはフェローを経た所長・院長が、成人学習理論に基づいた現場教育を提供します。
■学習インフラ
 Dynamed、UpToDate、Best Evidence、BMJ、AFP、医中誌のライセンスを全医師に付与しています。また、全サイトで外来診療のビデオレビューが実施できる環境となっています。

3.後期研修修了後を含めたキャリアサポート
 後期研修修了後には、家庭医療指導医として診療所の院長・所長となるための力を醸成するフェローシップコースを用意しています。毎週4領域(家庭医療の理論的基盤、教育、研究、経営)についてのレクチャーと現場での実践の繰り返しで実践力を養成します。また、フェロー終了後は当法人スタッフとなる道や他のキャリアなどを用意し、あらゆるサポートを致します。

4.福利厚生・当直体制
 社宅完備、引越旅費全額支給しています。3名勤務体制を基本に時間外・休日当番をシェアしますので、多くのサイトで月に2.5回以上は土日2連休があります。時間外・休日当番は自宅待機が基本で、当番中も趣味や家族との時間を過ごすことができます。

5.充実のレジャー
 道内どのサイトに行っても充実のレジャーが皆さんを待っています。
■札幌市 → 寿司の小樽、スープカレー、買い物・映画
■室蘭市 → 洞爺湖温泉、登別温泉、室蘭焼きとり
■旭川市 → 旭山動物園、ラベンダーの富良野
■寿都町 → スキーやラフティングのニセコ、牡蠣やウニ
■上川町 → 層雲峡温泉、上川ラーメン
■更別村 → 十勝川温泉、豚丼、大規模農場の新鮮野菜

ただいま応募受け付け中です!
募集要項はこちらです:http://www.hcfm.jp/recruitment/latter.html

皆様からのご応募をお待ちしております!!




H25年度 公開フェローシップ 追加開催 参加者募集中です!
2013年08月21日

以下にて案内をしております、H25年度の公開フェローシップ 追加開催ですが、まだまだ参加者を募集しておりますので、皆様奮ってご参加下さい!HCFMフェローシップ講義の一端を垣間見る事が出来ます!

(詳細ページ)
http://www.hcfm.jp/topics/2013/07/000646.html


Skype 講義は 9/2(月)

対面講義(東京)は9/14(土) 

を予定しております。




H25年度 公開フェローシップ 追加開催! 参加者募集!
2013年07月25日

好評につき追加開催が決まりました!遠隔講義を経ての対面講義は東京開催です!

【はじめに】
2007年より始まったHCFMフェローシップは10名の修了者を輩出し、現在6名の在籍者を抱える高度教育プログラムです。
当 フェローシップの特徴は、特定の臨床領域の知識・技能向上を目指すのではなく、家庭医療指導医・経営者として10年、20年と様々な医療機関や組織で活躍 するための基盤となる4つのコンピテンシー(家庭医療の理論と実践、家庭医療教育、診療所経営、臨床研究の基礎)を2年間で身につけることにあります。詳 細はHP(http://hcfm.jp/education/fellow/)をご覧下さい。

 昨年に引き続き、このフェローシップの一端を関心ある方に公開しましたが、好評につき追加の開催が決まりました!今後のキャリアを検討する材料にして頂 くのはもちろんですが、参加した皆さんがすぐに現場で活かせる知識・技能を提供したいとも考えています。奮ってご参加下さい!


【参加対象】
学会認定の家庭医療後期研修プログラムの研修中もしくは修了者で、HCFMのフェローシップコースに関心をお持ちの方


【公開フェローシップの形式のご説明】 

本コースは「skype遠隔講義」と「参加型Workshop」の2部構成となっております。

「skype遠隔講義」ではフェローシップで習得する4つのコンピテンシーのうちから家庭医療診療領域、経営領域についてレクチャーを行い、課題を提示します。皆さんには現場でその課題に取り組んでいただくこととなります。

「参 加型Workshop」では我々と参加者全員が一同に会し、「skype遠隔講義」で提示した課題の成果を各自が持ち寄って、ディスカッションいただき、 さらに学びを深めていただくこととなります。この構成は、当フェローシップが特徴とする「現場での実践とその省察による学びの往復」を少しでも体感してい ただけることを意識しております。
 更には、「参加型Workshop」には、フェローシップコースの現役生・卒業生・指導医が出席し、フェローシップコースの全容について情報提供も行う予定です。

【スケジュールとテーマ】


【参加ご希望の方へ】
・以下の申込みボタンをクリックし、表示されるフォームに必要項目を記載の上、申し込んでください。
・締切
 8月23日(金)
参加型Workshop;Skype遠隔講義への参加が条件ですが、本セッションのみ参加の方については個別に相談をお受けします。事務局/中田 info@hcfm.jpまでご連絡下さい。

・ヘッドセットの準備、並びにスカイプを最新のバージョンアップをお願いします。
・skypeに不慣れな方、利用頻度が低い方は事前に事務からのサポートを受ける機会を準備しますのでご安心ください。




【公開フェローシップについてのお問い合わせ先】
事務局/中田 info@hcfm.jp




7月14日(日)「レジナビフェア2013 in 東京」に出展します!
2013年06月21日

7月14日(日)「レジナビフェア2013 in 東京」に出展します!

こんにちは、事務局の中田です。

HCFMでは、例年「レジナビ」という研修医や医学生の方を対象に開催される、研修病院合同説明会に出展をしており、今年も出展をする事となりました。

今年度、全4回出展する説明会のうち4回目が7月14日(日)と迫って参りましたので、ご案内致します。

詳細は下記の通りです。

【レジナビフェア2013 in 東京】
開催日 2013年07月14日 10:00~17:00
会 場 東京ビッグサイト 東4・5ホール 
参加施設数 約550施設

詳細URL
http://www.residentnavi.com/rnfair/details.php?smno_id=10298

地域医療や家庭医療に興味のある方は是非遊びに来て下さい!

当日は「D-12」のブースで佐藤Dr(本輪西ファミリークリニック 院長代行)と後期研修医の今江Dr、事務局の遠藤がお待ちしております。センターでの研修やキャリアパスについて、医師から生の話を聞く事ができるチャンスです!




「第25回家庭医療学夏期セミナー」に当センター医師・看護師が講師として参加いたします!!
2013年06月13日

8月10日(土)~12日(月)開催の「第25回家庭医療学夏期セミナー」に 当センター医師・看護師が講師として参加いたします!!
詳細URL
http://www.jpca-srs.umin.ne.jp/kasemi/25th/#symposium

初日講演(13:00~14:00)
北海道家庭医療学センター理事長 草場 鉄周
 (筑波大学附属病院総合診療科前野 哲博 先生との講演です)
『総合診療医誕生!新たな時代へ~次世代へのメッセージ~ 』


10日(土)セッション1 (14:40 ~ 16:40)
加藤 光樹
(松口循環器科・内科医院/九州大学大学院医学系学府医療経営・管理学専攻) 『今年もやります!大好評御礼!「ようこそ!家庭医のアタマんなか!season2」』
10日(土)セッション1 (14:40 ~ 16:40)
名越 康晴(寿都町立寿都診療所)
塚本 高裕(本輪西ファミリークリニック)
『悩み多き者よ~迷える医学生・研修医へ~』

10日(土)セッション2 (17:00 ~ 19:00)
松田 諭(栄町ファミリークリニック)
平野 嘉信(寿都町立寿都診療所)
『ライフスキルで人生を変える~ある家庭医の10年史~』


児玉 あずさ(栄町ファミリークリニック)
田村 真美 (本輪西ファミリークリニック)
『体験!診療所のナース~看護と家庭医療は似てる?似てない?』


11日(日)セッション3 (9:00 ~ 11:00)
福井 慶太郎(国民健康保険上川医療センター )
今江 章宏 (市立江別病院)
井上 みき (北星ファミリークリニック)
松井 善典 (あざいリハビリテーションクリニック)
三島 千明 (国民健康保険上川医療センター)
『家庭医の見立てから手当てまでを体験しよう!!』


中村 琢弥(更別村国民健康保険診療所)
『日本でどんな家庭医が)育っているの?
 ~第2回!家庭医療専門医試験を体験する』




6月30日(日)「レジナビフェア2013 in 大阪」に出展します!
2013年06月12日

6月30日(日)「レジナビフェア2013 in 大阪」に出展します!

こんにちは、事務局の中田です。

HCFMでは、例年「レジナビ」という研修医や医学生の方を対象に開催される、研修病院合同説明会に出展をしており、今年も出展をする事となりました。

今年度、全4回出展する説明会のうち3回目が6月30日(日)と迫って参りましたので、ご案内致します。

詳細は下記の通りです。

【レジナビフェア2013 in 大阪】
開催日 : 2013年6月30日(日) 10:00~17:00(受付開始時間 9:30~)
会 場 : インテックス大阪1・2号館 
参加施設数 約300施設

詳細URL
http://www.residentnavi.com/rnfair/details.php?smno_id=10297

地域医療や家庭医療に興味のある方は是非遊びに来て下さい!

当日は「B-15」のブースで宮地Dr(あざいリハビリテーションクリニック 副院長)と事務局長の高橋がお待ちしております。センターでの研修やキャリアパスについて、医師から生の話を聞く事ができるチャンスです!


【その他の出展予定】
7月14日(日)東京




6月16日(日)「レジナビフェア2013 for Resident in 東京」に出展します!
2013年06月03日

6月16日(日)「レジナビフェア2013 for Resident in 東京」に出展します!
こんにちは、事務局の中田です。

HCFMでは、例年「レジナビ」という研修医や医学生の方を対象に開催される、研修病院合同説明会に出展をしており、今年も出展をする事となりました。

今年度、全4回出展する説明会のうち2回目が6月16日(日)と迫って参りましたので、ご案内致します。

詳細は下記の通りです。

【レジナビフェア2013 for Resident in 東京】
開催日 : 2013年6月16日(日) 12:00~17:00(受付開始時間 11:30~)
会 場 : 東京ビッグサイト 東4ホール
参加施設数 約300施設

詳細URL
http://www.residentnavi.com/rnfair/details.php?smno_id=10293

地域医療や家庭医療に興味のある方は是非遊びに来て下さい!

当日は「D-32」のブースで安藤Dr(国民健康保険上川医療センター 所長)がお待ちしております。センターでの研修やキャリアパスについて、医師から生の話を聞く事ができますよ!


【その他の出展予定】
6月30日(日)大阪
7月14日(日)東京




5月26日(日)「レジナビフェア2013 for Resident in 大阪」に出展します!
2013年05月13日

5月26日(日)「レジナビフェア2013 for Resident in 大阪」に出展します!
こんにちは、事務局の中田です。

HCFMでは、例年「レジナビ」という研修医や医学生の方を対象に開催される、研修病院合同説明会に出展をしており、今年も出展をする事となりました。

今年度、全4回出展する説明会のうち1回目が5月26日(日)と迫って参りましたので、ご案内致します。

詳細は下記の通りです。

【レジナビフェア2013 for Resident in 大阪】
開催日 : 2013年5月26日(日) 12:00~17:00(受付開始時間 11:30~)
会 場 : コングレコンベンションセンター(グランフロント大阪)
参加施設数 約100施設

詳細URL
http://www.residentnavi.com/rnfair/details.php?smno_id=10292

地域医療や家庭医療に興味のある方は是非遊びに来て下さい!

当日は「B-21」のブースで松井Dr(あざいリハビリテーションクリニック院長)がお待ちしております。センターでの研修やキャリアパスについて、医師から生の話を聞く事ができますよ!




H25年度 公開フェローシップ 参加者募集!
2013年02月27日

【はじめに】
2007年より始まったHCFMフェローシップは7名の修了者を輩出し、現在5名の在籍者を抱える高度教育プログラムです(2013年度は新たに4名在籍予定)。
当フェローシップの特徴は、特定の臨床領域の知識・技能向上を目指すのではなく、家庭医療指導医・経営者として10年、20年と様々な医療機関や組織で活躍するための基盤となる4つのコンピテンシー(家庭医療の理論と実践、家庭医療教育、診療所経営、臨床研究の基礎)を2年間で身につけることにあります。詳細はHP(http://hcfm.jp/education/fellow/)をご覧下さい。

 昨年に引き続き、このフェローシップの一端を関心ある方に公開することとしました。今後のキャリアを検討する材料にして頂くのはもちろんですが、参加した皆さんがすぐに現場で活かせる知識・技能を提供したいとも考えています。奮ってご参加下さい。


【参加対象】
学会認定の家庭医療後期研修プログラムの研修中もしくは修了者で、HCFMのフェローシップコースに関心をお持ちの方 (なお、本会はフェローシップへの入職希望者を主対象とする関係上、フェローシップの参加を考えてはいないが、カリキュラム内容にのみ関心がある方の参加についてはオブザーバー参加と限定させて頂く可能性があります。ご了承下さい。)



【公開フェローシップの形式のご説明】
 本コースは「skype遠隔講義」と「参加型Workshop」の2部構成となっております。
「skype遠隔講義」は多くの方に参加いただけるように、同じ内容にて2回の開催日を設けております。どちらかご都合のつく日程にてご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。「skype遠隔講義」ではフェローシップで習得する4つのコンピテンシーのうちから家庭医療診療領域、経営領域についてレクチャーを行い、課題を提示します。皆さんには現場でその課題に取り組んでいただくこととなります。

「参加型Workshop」では我々と参加者全員が一同に会し、「skype遠隔講義」で提示した課題の成果を各自が持ち寄って、ディスカッションいただき、さらに学びを深めていただくこととなります。この構成は、当フェローシップが特徴とする「現場での実践とその省察による学びの往復」を少しでも体感していただけることを意識しております。
 更には、「参加型Workshop」には、フェローシップコースの現役生・卒業生・指導医が出席し、フェローシップコースの全容について情報提供も行う予定です。

【スケジュールとテーマ】


【参加ご希望の方へ】
・以下の申込みボタンをクリックし、表示されるフォームに必要項目を記載の上、申し込んでください。
・締切
 第1回skype遠隔講義(5/22開催分);4月30日(火) ※都合により5/22は中止となりました
 第2回skype遠隔講義(6/6開催分);5月24日(金)  
 参加型Workshop;Skype遠隔講義への参加が条件ですが、本セッションのみ参加の方については個別に相談をお受けします。事務局/中田 info@hcfm.jpまでご連絡下さい。

・ヘッドセットの準備、並びにスカイプを最新のバージョンアップをお願いします。
・skypeに不慣れな方、利用頻度が低い方は事前に事務からのサポートを受ける機会を準備しますのでご安心ください。



【公開フェローシップについてのお問い合わせ先】
事務局/中田 info@hcfm.jp
copyright© HCFM inc. all rights reserved.