H26年度 第3回on site FaMReF in札幌 11/15
2014年10月09日

HCFMでは後期研修医が一堂に集まる勉強会、On-Site FaMReFを年4回開催しています。
今年度第3回目は、11月15日(土)に開催いたします(1日開催です)。

今回もOn-Site FaMReFにオブザーバー参加いただける 医学生・初期研修医・後期研修医の方を募集しておりますので奮ってご参加ください!

参加申し込み期限:11月2日(日)
参加定員:4名
参加費用:なし(交通費の支給はございません)
場所:札幌駅付近

=タイムスケジュール=
11:45-13:15 レジデントレクチャー/ランチョン
          S1佐治 S2名越 S2塚本
13:25-14:55 指導医レクチャー
          「家庭医療と茶道」 草場鉄周/佐藤弘太郎
15:05-16:35 キャリアプランニング講演
          講師:HCFMのOB
16:40-17:30 指導医と見学者で語らう場
17:40-18:15 交流会(立食)

参加登録はFacebookのイベントページより、Facebookを利用されていない場合は お問い合わせフォーム または E-mail までご連絡ください!後日事務局よりご連絡いたします。
(会場定員の都合により、希望者が多い場合は参加をご遠慮いただくこともございます。予めご了承下さいませ。)

皆様のご参加をお待ちしております!



HCFM初期研修支援事業のご案内です。
2014年07月31日

当センターでは、倶知安厚生病院と初期研修支援を行っております。

このたび、パンフレットが完成いたしましたのでご案内させていただきます。
ご興味お持ちいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします!!
HCFM初期研修支援事業 × 倶知安厚生病院初期臨床研修プログラム
 →初期研修支援事業パンフレット2014.pdf



BMC Family Practiceに論文が掲載されました!
2014年07月22日

当センターの医師(草場鉄周、佐藤弘太郎、松井善典、松田諭、安藤高志)が中心となり執筆いたしました論文が、BMC Family Practiceに掲載されました。
内容は「介護に関わる家族関係性を測定する尺度開発について」となっております。

Tesshu Kusaba, Kotaro Sato, Yoshinori Matsui, Satoshi Matsuda, Takashi Ando, Ken Sakushima, Takafumi Wakita, Shingo Fukuma and Shunichi Fukuhara
Developing a scale to measure family dynamics related to long-term care, and testing that scale in a multicenter cross-sectional study
BMC Family Practice 2014, 15:134

http://www.biomedcentral.com/1471-2296/15/134/abstract

また、当センターのフェローシップは、日々の診療を行いながら上記のような臨床研究を行うための基礎的なスキルを習得できます。
興味のある方は、是非こちら(info@hcfm.jp)までご連絡ください!



2015年度フェロー応募受付開始☆
2014年06月18日

2015年度のフェロー応募受付開始のご案内です☆

募集スケジュールは下記のとおりとなっております。
~9月末日   応募締切
9~10月     随時、個別面接(応募者と調整)
10月末     採用内定
1月17-18日 新フェローオリエンテーション

◇募集要綱の詳細は<HP:フェロー募集>にございます。ご参照ください。

メールでの問い合わせ先:事務局(info@hcfm.jp)までお気軽にご連絡ください。
ぜひ、見学にもいらっしゃってください!お待ちしております♪


<北海道家庭医療学センター フェローシッププログラム>

● Q:家庭医療フェローシップとは? その特徴は?
 A:「家庭医療フェローシップ」とは、<深みある家庭医療の実践力><家庭医としての教育能力><家庭医療フィールドでの臨床研究能力><診療所の経営能力>の獲得を目的とした、家庭医療専門医研修修了者あるいはそれに準ずる方に対する2年間の指導医養成プログラムを2007年より提供しています。
プログラムの最大の特徴は、上記の4領域について、知識を座学で得る機会と、実践を現場で行う機会の双方を提供し、その往復から確実に成長・変化の実感を得られるところにあり、最終的には自立した指導医として生涯成長していくための軸を得ることを目指します。
プログラムの具体的なカリキュラム・教育方法についてはフェローシップHPをご覧ください。

● Q:応募するかどうか検討したいが、見学は可能か?
 A:見学はいつでも受け付けております。事務局(info@hcfm.jp)までお気軽にご連絡ください。

● Q:プログラムの指導医や体験者の生の声が聞きたいが、どうしたらよいか?
 A:上述のような見学のチャンスがないが、考慮したい、詳細が知りたいという方がいらっしゃいましたら、学会のイベントなどでお見かけ頂いた際に、声をかけていただけましたら幸いです。
直近ですと、夏期セミナーにはセンター所属医師が講師として参加しますので 見かけたらお気軽に声をおかけください。



H26年度 公開フェローシップ 参加者募集!
2014年02月07日

【はじめに】
2007年より始まったHCFMフェローシップは10名の修了者を輩出し、現在6名の在籍者を抱える高度教育プログラムです(2014年度は新たに3名在籍予定)。
当フェローシップの特徴は、特定の臨床領域の知識・技能向上を目指すのではなく、家庭医療指導医・経営者として10年、20年と様々な医療機関や組織で活躍するための基盤となる4つのコンピテンシー(家庭医療の理論と実践、家庭医療教育、診療所経営、臨床研究の基礎)を2年間で身につけることにあります。詳細はHP(http://hcfm.jp/education/fellow/)をご覧下さい。

 今年度も、このフェローシップの一端を関心ある方に公開することとしました。今後のキャリアを検討する材料にして頂くのはもちろんですが、参加した皆さんがすぐに現場で活かせる知識・技能を提供したいとも考えています。奮ってご参加下さい。

【参加対象】
学会認定の家庭医療後期研修プログラムの研修中もしくは修了者で、HCFMのフェローシップコースに関心をお持ちの方
(なお、本会はフェローシップへの入職希望者を主対象とする関係上、フェローシップの参加を考えてはいないが、カリキュラム内容にのみ関心がある方の参加についてはオブザーバー参加と限定させて頂く可能性があります。ご了承下さい。)


【公開フェローシップの形式のご説明】
 本コースは「通信遠隔講義」と「参加型Workshop」の2部構成となっております。
「通信遠隔講義」(今年度は通信環境改善のために、skypeとは別のシステムを利用する予定です)ではフェローシップで習得する4つのコンピテンシーのうちから家庭医療診療領域、経営領域についてレクチャーを行い、課題を提示します。皆さんには現場でその課題に取り組んでいただくこととなります。

「参加型Workshop」では我々と参加者全員が一同に会し、「通信遠隔講義」で提示した課題の成果を各自が持ち寄って、ディスカッションいただき、さらに学びを深めていただくこととなります。この構成は、当フェローシップが特徴とする「現場での実践とその省察による学びの往復」を少しでも体感していただけることを意識しております。

 更には、「参加型Workshop」には、フェローシップコースの現役生・卒業生・指導医が出席し、フェローシップコースの全容について情報提供も行う予定です。

【スケジュールとテーマ】


【参加ご希望の方へ】 ・以下の申込みボタンをクリックし、表示されるフォームに必要項目を記載の上、申し込んでください。
・締切
 遠隔講義(5/19開催分);5月12日(月)
    参加型Workshop;通信遠隔講義への参加が条件ですが、本セッションのみ参加の方については個別に相談をお受けします。事務局/中田 info@hcfm.jpまでご連絡下さい。




【公開フェローシップについてのお問い合わせ先】 事務局/中田 info@hcfm.jp



H25度最終回On Site FaMReF in旭川 2/8-9
2014年01月06日

今年度最終回のOn-Site FaMReFは、2月8日(土)~9日(日)に旭川で開催いたします!

今回もこのOn-Site FaMReFにオブザーバー参加していただける学生・初期研修医・後期研修医の方を募集しております。
当日は一部ご参加いただいた方向けの特別コンテンツを計画予定です。
奮ってご参加ください!

参加意向はFacebookのイベントより、Facebookを利用されていない場合は お問い合わせフォームまたは、E-mail:info@hcfm.jp までご連絡ください!後日事務局よりご連絡いたします。
(会場定員の都合により、希望者が多い場合は参加をご遠慮いただくこともございます。予めご了承下さいませ。)

毎回学生さんや研修医の方が参加してくださり、懇親会でも進路の相談などされていました。色々な研修医、医師から様々な意見を聴ける場でもあると思いますので、たくさんの方の参加をお待ちしております。

■参加申込み締め切り  成26年1月27日(月)

【開催日】
平成26年2月8日(土)
 13:00~13:20 挨拶
 13:20~14:20 症例からの学び①(三島先生)
 14:30~15:30 症例からの学び②(名越先生)
 15:40~18:20 外部参加者向けコンテンツ(榎原先生)
 19:00~    懇親会

2月9日(日)
 9:00~11:00 家庭医療レクチャー
         (ライフワークバランス:中川先生夫妻、佐藤先生)
11:20~12:20 外部参加者向けコンテンツ(榎原先生)

【開催場所】
旭川市市民活動交流センターCoCoDe

【参加費】無料   (交通費の支給はありません。)
copyright© HCFM inc. all rights reserved.