榎原 剛



所   属
2012年度フェローシップ修了

フェローシップを
考えている方へ
 フェローシップは家庭医療専門医取得以後の指導医や診療所所長となるためのコースです。多くの学びや課題、繰り返される振り返りが続いて大変なこともありますが、コース終了後には指導医として所長として人間として大きな成長を実感することができることは間違いありません。また、同期、指導医、後輩と多くの尊敬できる同僚とともに日々学び合いながら成長できます。このような環境は簡単に見つかるものではありません。気になる方はぜひ見学からでも来てみて下さい。

フェローシップを終えて
 2年間のフェローシップを修了して現在プライベートクリニックで副院長として働いていますが、フェローシップで学んだことの成果が試される場にあふれていると感じています。フェローシップの2年間では診療・教育・運営・教育と全ての面において医師一人では何もできないことを改めて感じ、常に患者さんや同僚、他職種との関係性を良好に保つことでチームとして患者さんに関わることができることを強く実感しました。 診療面では患者さんの人生に深く関わらせていただくための覚悟、継続性を保ち続けることで医師に生じる怖れや不安などを感じながらも患者さんと関わり続けることができ、患者さんから多くの学びをいただきことができました。 教育面では学習者の背景を理解することが非常に重要であることを認識し、学習者との関係性を良好に保つことが教育を行う上では重要であることを実感しました。 運営面では、リーダーとして個人の視点、組織の視点、時間軸の視点で組織を考えることの重要性を学び、組織のリーダーとしての振る舞いについては身近の指導医から多くのことを学ぶことができました。 2年間のフェローシップは課題、実践、振り返りをひたすら繰り返し、どんどん新たな内容も加わり非常に大変な毎日でしたが、同じ悩みを持っている同期や絶妙なさじ加減で負荷をかけてくれる指導医、そして身近にたくさんいるロールモデルのおかげで家庭医として、人間としても大きく成長できたと思います。

|お問合せ|
copyright© HCFM inc. all rights reserved.