加藤 光樹 「指導や管理には単なる実践を超えた、深みが求められると思い知ったフェローシップ」


所   属
2012年度フェローシップ修了

フェローシップを
考えている方へ
 家庭医療後期研修プログラムが数多く整備されていく中で、指導医を養成するコースはまだまだ少ない状況です。特に経営管理領域の教育が行える施設はさらに少ないでしょう。開業を考えている方、家庭医療業界で指導医として活躍することを考えている方などにぜひ検討していただきたいと思います。

フェローシップを終えて
 フェローシップを通して家庭医として大きく成長したことを実感しています。自分を知り、間主観を知ることで診療場面のdyanamicsに敏感でありながら無駄なく効率的に診療できるようになったと思います。医学教育についても自信をもって教育計画をたてることができるようになり、difficult teacing encounterについても自分なりに対応を考えることができるようになりました。
経営管理については全く未知の領域でしたが、フェローシップを通して自分なりのpearlも多く手にすることができました。研究については、実際に自分で手がけることで論文の批判的吟味の精度が格段に上昇したように思います。こうした学びをフェローの同期二人とのインタラクションの中でドライブさせることができたということも、フェローシップの良い点でした。

|お問合せ|
copyright© HCFM inc. all rights reserved.