村井 紀太郎



所   属
2013年度フェローシップ修了

フェローシップを
考えている方へ
将来のキャリアとして診療所の院長を考えている方、院長ではなくても家庭医療指導医を考えている方はぜひ当プログラムに!

フェローシップを終えて
 2年間のフェローシップで生涯を通じて自らが成長し続けるためのツールと仲間を得ることが出来ました。診療所の責任者として良いパフォーマンスを発揮するためには、診療だけではなく教育、経営、研究を学びそれをブラッシュアップし続ける必要があります。私は今フェローシップを修了しプライベートクリニックの院長として勤務しています。フェローシップを学べば万全の準備で院長として良いパフォーマンスを発揮出来ると考えていましたが、実際はそうではなく、そこにあるのはまさにセオリーが通用しない獣道であると実感しています。しかしフェローシップで得た成長し続けるためのツールと仲間があることで、診療、経営、教育、研究の各領域を客観的に振り返り自らを成長させ、その獣道を少しずつ、着実に歩み始めていると実感しています。

|お問合せ|
copyright© HCFM inc. all rights reserved.