佐藤 弘太郎  「いい医者ってなんだろう?? -の前に大切なこと。 」


所   属
2011年度フェローシップ修了

家庭医を目指す
学生さんに一言
「まずは気軽に見学に来ていただければ嬉しいです。」
家庭医ってどんな医者だろう…どんな感じで働いているのかな?とここまで読んで、少しでも感じた、あなた!Seeing is Believing. まずは気軽に見学に来ていただければ嬉しいです。

フェローシップを終えて
 あなたはどんな医者になりたいですか?良医になりたいですか?それはどんな医者なのでしょう?良医の定義は当然、目の前の患者さんごとに千差万別でしょう。家庭医の特徴を一言でいえば「長く身近にいてすべてにかかわる」ということです。さらに言えば「時に治し、しばし和らげ、常に癒し、望むべくは予防する」ということです。また「町医者のプロ(町ではなくて村でも島でも市でもいいですが)」、「患者さんの望む生き方を支える」、「生き方を支えるなかで、家族も支えるし地域も支える」など言えるのではないかと私は思っています。そしてこのような良医を提供できるモデルが家庭医だと感じています。

 しかし、「いい医者である前に」大事なことは、「人間としていかにあるべきか...」だと私は思っています。
その人間力を磨き、器を大きく深くしていくことが、家庭医としての成長へもつながっていると感じています。

|お問合せ|
copyright© HCFM inc. all rights reserved.