後藤 高明 



研修修了年度
2014年度

家庭医を目指す
学生さんに一言
「家庭医療に触れながら初期研修を受けることができるのが魅力です」
 最近はだいぶ「総合診療」「家庭医療」の知名度が上がってきました。それでも、NHKの某番組のような診断屋さん的な「病棟総合診療医」はイメージができても、診療所セッティングで地域を支える「家庭医」はなかなかイメージが難しいのではないでしょうか。ぜひ一度見学に来てみてください。病院の中だけでは得られない「家庭医」の魅了をたっぷりと味わえますよ!

初期研修を終えて
 私は、北海道家庭医療学センター(以下、HCFM)と連携している倶知安厚生病院で初期研修をしながら、月に2回、第2・第4金曜日に寿都町立寿都診療所で家庭医療の研修を積みました。寿都での外来や訪問診療を通じて、病院の中ではなかなかできない、患者さんと2年間「継続的に」関わっていく経験をすることができました。在宅でのお看取りにも関わることもできました。また、他職種実習を通じて、共に地域の医療を支える方々(看護師、薬剤師、放射線技師、作業療法士、医事課職員など)の仕事を垣間見ることができました。患者中心の医療の方法や統合ケアなど家庭医療ならではの技法を学び、研修病院へ持ち帰って病棟にて実践することができました。
 臓器別専門医がそれぞれの臓器・疾患のプロなら、家庭医は地域に住む人々のプロです。臓器別専門医が一期一会な患者さんとの関わりの中で専門的技術を提供する医師なら、家庭医は患者さんと継続的に関わっていく中で、地域の特性や家族背景を踏まえ、ときには治療を、ときには癒しを、ときには予防を提供し、その人らしい生き方を支える医師です。私はそんな家庭医の仕事にとても魅力を感じました。HCFMの初期研修支援事業は、家庭医の魅力をたっぷりと味わいながら2年間の初期研修を受けることができる、よい選択肢だったと思っています。

|お問合せ|
copyright© HCFM inc. all rights reserved.