Up To Date What’s New in Family Medicine ~Journal Clubより~

20111116

組織学習委員会 委員長の山田康介(更別村国民健康保険診療所)です。


このHPのもう一つのブログ、Journal Clubはこの組織学習委員会が仕掛けています。
この度、このJounral Clubの中で私たち医師が日常の診療で生じる疑問を解決したり、学ぶために利用しているUp To Dateの「What’s New in Family Medicine」を参加メンバー全員で和訳、共有しました!

著作権の問題でここに全文を紹介することはできませんが、家庭医療で取り扱う分野についての新しいエビデンス満載です!
例えば・・・
私山田が担当した「スクリーニング」の項。

卵巣癌の平均的なリスクを抱える女性を対象にしたCA125と経膣エコーを組み合わせたスクリーニングは卵巣癌による死亡を減少させることはない上、幾分の有害事象が認められることが、のアメリカにおける前立腺癌、肺がん、大腸癌、卵巣癌のスクリーニングに関するRCT(PLCO)の卵巣癌部門により明らかにされた。4~6年のスクリーニング期間、13年間のフォローアップの期間、スクリーニングを受けた女性では通常のケアを受けた女性よりもより多くの卵巣癌の診断を受けた(5.7 versus 4.7 per 10,000 person years)が、癌の進行度や癌による死亡率、粗死亡率において有意な差は認められなかった。擬陽性で手術を受けた女性の15%が少なくとも1つの重大な合併症を経験した。この研究は平均的なリスクの女性に対して卵巣癌のスクリーニングは行うべきではないというこれまでの知見をより強めることになる。

AHA/ASA、その他の複数の専門家のグループによる脳卒中予防と頭蓋外頸動脈疾患のマネジメントに関するガイドラインが出版された。無症候の頚動脈狭窄をスクリーニングすることは推奨されず、過去、選別された無症候の男性に対する内膜剥離術の有用性を示したRCTはもはや臨床に適用することはできないことが、ガイドラインに明記されている。

6つの診療所に分かれて勤務している私たちですが、TV会議を利用して、こういった形で学びを共有しながら前進しています!

本を書くということ

20111107

理事長の草場です。

 「家庭医療のエッセンス(仮題)」の執筆の追い込みに入っている。「家庭医療」って一体何なのだろうか、という根本的な問いに対して丁寧に考える作業の連続である。
書けそうで書けない部分もあり、書こうとすることで書けてしまうところも少なくない。ある患者さんが症状を訴えて受診し、ケアを提供されるという営みを通して、本質を探っていく作業。

本来、ひたすら孤独であるはずだが、幸い、この本は北海道家庭医療学センターのスタッフ・フェローの共著であり、考えを語り合い、結晶化させていく作業はダイナミズムに満ちている。

 雑誌への寄稿などとは異なり、一冊の本という枠組みの中でどこまで何を提供し読者にアプローチできるのか、メンバーの文書の校正作業中も自分の執筆の際もいつも悩みながら筆を進めていく。しかし、こうした機会を頂けていることは本当にありがたいし幸せだと思う。この本が仕上がることで、北海道家庭医療学センターの15年の実践を総括し、もっと先に進んでいけるのではという予感もある。

 大幅に予定が遅れてしまい出版社さんには本当にご迷惑をおかけしているのだが、あと一歩、あと一歩。
 2011年の残りの期間はとにかく「本を書くこと」に汗をかいていきたい。

平成23年度 北海道地域医療研究会 について

20110928

寿都町立寿都診療所 中川です。
私は更別の山田先生と共に、北海道地域医療研究会なるものの運営委員をさせていただいております。

この度、下記のような定期研究会が開催されます。

今回は初めて地域で実践している方々のポスター発表を行う予定をしています。
演題は当初の予想を大幅に超えた応募がありました。地域で頑張っておられる方々はやはりパワーがありますね。
様々な取り組みが発表されることと思います。是非ともお時間のある方はご参加くださいね。

「北海道地域医療研究会」 平成23年度総会・定期研究会 開催要綱

テーマ: つ な が ろ う 北 の 保 健 ・ 医 療 ・ 福 祉

   ~各地の実践から生まれた知恵を結集し発信する~

1 趣 旨

  医師不足を主として地方の医療崩壊の危機に瀕している。

地方の医療を守るためには、住民・行政・医療福祉従事者が十分な話し合いのもと、それぞれの役割・課題を明確にして協働・連携のしくみづくりをする必要がある。

持続可能な地域づくりのためには、健康を守る活動を医療従事者のみに任せることなく、住民と行政が共同作業を通じてシステムとして構築することが必要である。その方法を探る。

2 主 催   北海道地域医療研究会

3 共 催   北海道大学病院卒後臨床研修センター

4 後 援   北海道
         財団法人 北海道地域医療振興財団

5 と き   平成23年10月29日(土)14時00分から

6 ところ   北海道大学学術交流会館 小講堂
          札幌市北区北8条西5丁目(TEL:011-706-2141)

7 参加対象 北海道地域医療研究会会員及び医療・保健・福祉関係者
         ・地域医療に関心を持つ人

8 参加費   研究会参加費  無 料 
          交流会参加費 5,000円(学生は2,000円)

・・・・・・・タイムスケジュール・・・・・・・・・・

 受付開始 13:30~

 (1)開会・基調報告・総会(14:00~14:50)
  □挨拶・報告 北海道地域医療研究会運営委員長 齋藤 夕    

 (2)ポスターセッション (15:00~17:00) 
 ~各地の実践から生まれた知恵を結集し発信する~
  ○日常取り組んでいることの活動報告や施設紹介など

 (3)基調講演      (17:10~18:30)
  □演題  『北海道の環境問題と医療』(仮)                
  □講師  岸 玲子 氏(北海道大学環境健康科学研究教育センター センター長)
  □座長  齋藤 有 (運営委員)   

  (4)交流会        (19:00~21:00)
   札幌アスペンホテル 2F「 エルム 」

全日本ママチャリ12時間耐久レース

栄町ファミリークリニックのまつだです。
ついにブログも2週目にはいりました!

20110810_1

先日、毎年 更別村 開催されている 「全日本ママチャリ12時間耐久レース」 に参加してきました!!
今回の 「全日本ママチャリ12時間耐久レース」 は、なんと293チームも参加です!そして、本気モードのチームがあったり、おもしろいパフォーマンスのチームもあったりしました☆
ライオンキングさん や、正義のヒーロー などなど、いろんな方がいましたよ(^-^)

20110810_2

20110810_3
参加する前は、 『ママチャリかぁ。楽しんでこよう(^-^)b』 と、気楽に思っていましたが…
実際は 「自分との戦い」 (笑)。
『ママチャリって、こんなに自分自身を追い込む乗り物だっけ?!』 と、ホンキで走っているのに、アンパンマンに抜かれた時は、正直悲しくなりました(笑)。
ほんとに今回は、運動不足をかなり痛感しました。。。
.

20110810_4

でも、運動はいいもんですね☆
終わった後は、みんな笑顔です(^-^)
ママチャリで汗かいて、帰る途中では温泉にもよって、牛乳のんだり、夕張メロンたべたりして、ゆっくり帰ってきましたよ☆
ねむくてねむくて、途中で寝たりしながら、これまた12時間以上かけて車で帰ってきました が…f(^-^;
また来年もぜひ参加したいです!

上川医療センターです

皆さん こんにちは
上川町の上川医療センターで診療しています安藤といいます。

20110414

私は上川町へ赴任して3年目となります。
今日は上川町での診療活動の一部をご紹介したいと思います。

これまでの間、町長をはじめとして上川町の皆様方には我々に対するご理解とご協力のもと診療を続けてくることが出来ました。
そして、医療センターのスタッフの皆さん・保健師さん・特養や社会福祉協議会の福祉スタッフの方々・薬局のスタッフの皆さんなどにも支えられ、多職種での連携のとれた医療を目指しております。
中でも、当初から保健師さん・薬局の薬剤師さん達とは定期的にミーティング(勉強会)を開催し情報交換を行っております。
保健師さんとは特定健診の現状や栄養指導の内容などを話し合ってきました。私達も保健活動がどんなものかをイメージすることが少しずつ出来てきましたし、私達が予防や治療をどのように考えているかを伝えることが出来たかと思います。
また、薬剤師さんとは薬剤に関する会議の他に、家庭医療の勉強会もさせていただいています(もともと私達が行っていた家庭医療勉強会に参加したいという希望があり、今では一緒に勉強しています)。これを通して、私達がどのように考えて患者さんとお話ししているかを薬剤師さんに伝えることが出来てきたかと思います。

私達の勤めるような地域の医療機関では、そのスタッフのみでは地域の方々の健康を支えるのは困難です。そのため、多くの方々のご協力をいただきながらの毎日です。今後もより密な連携望まれる段階かと感じますので、保健師さんや薬剤師さん以外の方々とも常日頃から協力し合える間柄となっていけたらと思っています。

「お母さん医師の日常」

皆さんこんにちは。寿都町立診療所で勤務しています中川久理子です。

20110401

昨日、この春初めてふきのとうの芽を発見しました。日差しも明るくなりいい季節の到来を予感させます。

今日は、現在4歳ともうすぐ2歳になる二人の男の子と、お腹に8ヶ月の赤ちゃん(女の子の予定)を抱えて日々、診療と子育てをしている私の日常をご紹介したいと思います。

私は後期研修を終了し、現在はパートタイマーとして半日勤務をしています。
寿都診療所には外来、入院、救急外来がありますが、私は入院、救急外来は免除させていただいて、外来とたまにエコー検査をしています。

寿都に来て7年目、産休・育休を繰り返しながらも、患者さんたちとのお付き合いは長くなり、外来に出て、「先生、久しぶりだね!子供さん大きくなったっしょ!」とお言葉をいただき、患者さんとお話することが、私の喜び・楽しみであり、いつも外来で患者さんから元気をもらっています。

忙しい午前の外来が終わる頃には、妊婦の私はお腹がぺこぺこで、職員の皆さんと食堂で病院の給食と同じものをありがたくいただきます。
そして、医局に戻り、残り仕事やメールのチェックなどして、午後2時半~3時頃に、私の母と次男が待つ自宅に帰ります。次男と少し遊んでから、4時に保育園に長男を迎えに行きます。暖かい季節は、次男と私のお散歩がてらのんびり歩いていきます。

自宅に帰ってくると子供達は外で遊びたがり、30分ほど外遊びに付き合い、それから夕ご飯の支度が始まります。その間、子供達はDVDやNHK教育テレビの時間となります。
次男は今はテレビよりもいたずらが楽しいようで、台所に来ては水遊びをせがむので、洗面所で水遊びをさせているとコップで自分の頭から水をかけ、全身、床一面水だらけにしてみたり、お絵かきをしていたかと思うと、「ここ、書いた。」といって、私の手を引っ張っていき、壁に描いた絵を見せてくれたり、「牛乳、飲む。」というので、コップに牛乳を入れてあげると、テーブルの上にジャーっと全てまかして、手でそれを広げてみたり、本当に好奇心旺盛です。でも、悪気がないので、次は何をするのかと恐ろしくもあり、可愛くもあるのです。

そんなこんなで、食事の用意ができ、夕食となります。長男はお兄ちゃんとなり、おやつを食べ過ぎていなければ、夕食はちゃんと食べてくれます。次男は遊び食べの時期で、食べさせるのも一苦労のときもあります。二人ともよく食べるときは母として本当に嬉しく思いますが、長男が機嫌が悪いときには、「お母さん、抱っこ、食べさせて。」と甘えてきます。そうなると、次男も負けじとやってきて、私のひざの上で押し合いへし合いが始まります。私のお腹に子供二人と赤ちゃんの合計3人が乗っている状態で、「赤ちゃん、苦しいって言ってるよ。」と二人をなだめて、順番に抱っこをして食べさせることになります。食事はなかなか終わらず一苦労です。

食事が終わると次はお風呂です。お風呂は二人とも喜んで入ってくれ、お風呂の中にいろいろなおもちゃをいれて、きゃっきゃと遊びます。私も浮力により重いお腹から開放される癒しのひとときです。

お風呂から上がると、二人にパジャマを着せ、歯を磨き、布団の上でゴロゴロタイムとなります。何冊か子供達の希望する本を読み、上手くいけば入眠となります。素直に寝てくれればお互いに本当に幸せです。子供達のかわいい寝顔に心から癒されます。次男は最近遊びたい気持ちが強く、なかなか寝ようとしないことも多くあります。そんなときは、眠らせよう、眠らないぞ、の戦いが泥沼化することもあります。

これが私の一般的な一日です。こう書いてみると、子供達と過ごす時間が濃密なのに気がつきます。こんなに子育てしながら、仕事も充実した気持ちで行えるのは、やはり北海道医療学センターの理解があり、パートタイムで仕事をさせていただいているからだと思います。このように働かせてもらえて本当に恵まれているなぁと心から感謝しています。

そして、5月中旬からは3回目の産休に入ります。出産しても戻る職場があるというのは本当に安心です。まずは最後までしっかり職務を果たして、出産に望みたいと思います。

旭川に来てちょうど1年

北星ファミリークリニックの八藤です。

20110327

今日は旭川に来て、ちょうど1年目の記念すべき日でした。
というわけで、夕食は”洋食屋“のヒレステーキを食べて、家に帰ってきてから、大好きなあまおうを1パック食べました。

 さて、思い起こせば、草場理事長から旭川行きの話があったのは一昨年の11月頃でした。
 室蘭で働き始めて5年目の秋だったので、『ようやく患者さんともいい関係ができ、地域のこともわかり、地域とのネットワークもできてきたのに・・・。』と最初は納得できませんでした。
 また、本輪西ファミリークリニックという北海道家庭医療学センターの直営サイトで働いていたこと、家庭医を目指したきっかけになった草場理事長と働いていたこともあり、離れたくない気持ちがありました。
 しかし、当時の看護師長とぶつかったこともあり、僕自身がよく思われていないのかなと思う部分もありました。
 そして、一昨年度は北海道家庭医療学センターのフェローシップの第2期の修了生が2名も卒業を迎える年であり、後輩達が活躍する場所を作るのも、先輩の仕事だと思っていました。
 「北海道家庭医療学センターで働き続けるには、旭川に行く以外に選択肢はない。」
 旭川に行かないのであれば辞めるしか選択肢がありませんでした。
 指導医になるためのフェローシップでお世話になったO先生にも泣き言のようなメールを送ったのを思い出します。お忙しいのに、丁寧なお返事を下さったO先生、ありがとうございました。
 異動の話が出た衝撃もある程度落ち着き、O先生から頂いたメールを読んで冷静になってきて、改めて、自分がどうしたいのかを考えました。

 (1)僕の夢は「日本全国で家庭医が働くこと」(自分のブログにも書いています)
 (2)自分の一番のロールモデルは草場理事長であること。
 (3)北海道家庭医療学センターにここまで育ててもらったこと。
 (4)北海道家庭医療学センターには同期の中川先生をはじめとして、大切な仲間がいること。
 (5)北海道家庭医療学センターには毎年家庭医を目指す後輩達が来てくれること。

 そんなことを考えたら、やはり、北海道家庭医療学センターで働かせてもらいたいという気持ちが一番強いことに気づきました。
 そして、室蘭のル・ミエーレで、草場理事長に、「旭川に行かせて下さい。」とお願いしたのです。
 それからは旭川のサイトの立ち上げ準備です。
 電子カルテの導入や北星ファミリークリニックの説明会の準備など、急ピッチで仕事を進めました。
 3月27日に引っ越しをしたのですが、引っ越しの日、北海道は季節外れの大雪。また、業者の手違いで、荷造りに時間がかかってしまい、室蘭を出発できたのは20時過ぎ。高速も雪で閉鎖になっていたので、旭川まで6時間もかかってしまい、着いたのは午前2時過ぎでした。
 4月1日に仕事を開始したのですが、まだまだ慣れていなかったなぁと今では思い出すと苦笑することばかりです。

 慣れないうちは、その場に合わせる対応がなかなか難しく、どうしても、自分たちのやり方で進めてしまっていました。それで苦情を頂いたことも何度かありました。
 また、旭川の方からしてみれば、医師が全員入れかわってしまっため、今までとやり方が違いますので、それだけで戸惑います。
 さらに、今まで1人しかいなかった医者が3人になったのですから、絶対によくなったと思ってらっしゃったはずです。
 それなのに、何だか期待と違う。
 そんな不満は、以前から長く働いている看護師長に苦情として届けられました。
 看護師長から「こんなに苦情が出る医師は私の看護師人生でも初めてです!」と怒られたこともありました。
 『どうしてわかってもらえないんだろう? なんで旭川なんかに来てしまったんだろう?』
 僕自身も辛い気持ちになることが上半期は多かったです。
 しかし、徐々に、僕たち家庭医の診療のことが理解されるようになり、何だか働きやすくなってきました。

 (1)病棟を閉鎖したら、訪問患者さんが減るのではないかと思ったのですが、減りませんでした。逆に増えています。
 (2)あれだけたくさんあった時間外の電話が今はほとんどありません。
 (3)ある患者さんの往診をきっかけに、地域の保健師さんにも家庭医の働きが認められ、地域包括支援センターとの連携が始まりました。
 (4)患者さんからもお褒めの言葉を頂くことが増えました。
 (5)一緒に働く医師からも、「働きやすくなった」と言って頂けてます。
 (6)結果的に全員入れかわってしまいましたが、一緒に働きたいと思う看護師さんが来てくれました。
 (7)何よりも、看護師長から、「先生が理想としていた状況になってきていますね。」と言って頂けました。

 自分自身も大きく変わったと思えますし、今は心底やりがいを感じて働けています。
 旭川では人生が変わるような大切な出会いもあり、今では来るべき運命の場所だったのだと思っています。
 このような機会を下さった草場理事長を始め、医療法人 恵心会の皆様、北海道家庭医療学センターの仲間達、ありがとうございます!

 来年度も旭川の、北海道の、そして、日本の家庭医療を盛り上げていくために、しっかり診療を行い、地道に地域に貢献していきたいと思います!

大きな影響を受けた書籍

更別村診療所の山田です。

20110301

週間医学界新聞2011年2月14日の記事でも紹介されましたが、私が昨年「家庭医による地域・コミュニティへの包括的なアプローチ」に関して執筆を担当しているときに出会い、大きな影響を受けた書籍を紹介します。

家庭医が地域・コミュニティにアプローチする、と言うとどうもCOPC(Community -Oriented Primary Care)に代表されるやや公衆衛生的なアプローチのイメージがつきまといますが、それだけではなんだかしっくり来ない感覚を常に持っていました。
そんなときに書籍に出会ったのでした。

『病院の世紀の理論』 
猪飼 周平

著者の猪飼氏は医療の歴史、社会学の視点から以下のように説いています。

・・・医療にとっての20世紀とは、「治療」およびそれを支える治療医学に対する社会的期待・信任が歴史上もっとも高まった時代であったということができる。・・・
医師を頂点とした、そのような時代は終焉を迎えつつあると述べられ
・・・予防・治療・生活支援を統合的に行うことで、新しい意味における健康を達成しようとする社会システム=包括ケアシステムが形成される・・・
・・・包括ケアの供給は、それまでの病院中心のケアよりも、地域的性格を強めていくだろう・・・
・・・包括ケアシステムにおいては、担い手のあり方が従来の医師を頂点とする専門家の階層システムから、多様な職種や地域住民の間のネットワークへと移行する・・・

私自身が現在勤務しているコミュニティで経験している変化に非常にマッチする表現でした。
病院や各専門診療科が有している現在の機能の重要性が失われることは今後もないと思うのですが、猪飼氏が述べる新しい包括ケアシステムによくなじむ医師こそ家庭医なのではないだろうか?と考えますし、家庭医が地域・コミュニティに対して関わっていくための重要なヒントがここにあるように思いました。
関心のある方は是非お読み下さい!

7月の学術大会に向けて

理事長の草場です。

20110203

今年の冬は本当に寒くて雪が多い、冬らしい冬です。雪の少ない室蘭も1月は過去最高の積雪量とのこと。患者さんも足腰が痛いとこぼしていますが、ぱらぱらと降る雪に何か喜びを感じてしまうのは九州育ちのゆえでしょう。

 さて、北海道家庭医療学センターは今年の7月に日本プライマリ・ケア連合学会の第2回学術大会を主催します。もちろんこうした学会を主催するのは初めてですので、最初は戸惑うことばかりでしたが、北海道のプライマリ・ケアを支えておられる皆さんと一緒に様々な企画を考える作業は思いの外、楽しいものでした。

 私の中では数年前に旧家庭医療学会で佐賀の故・白浜先生が主催された大会が非常に印象深く、参加者一人一人が多くの学びを得ながら、互いに交流を深めて楽しんでいる様が、準備作業の中でいつも頭に浮かんできます。学術も深め、知識や技能の実利も得て、多くの仲間と旧交を温め、未知の出会いも楽しめる学会。そんな学会をこの夏に札幌で開けたらなと思って日々準備に励んでいます。

 この文章をご覧になった方。是非、7/2−3に札幌の学会へいらしてください!
 心からお待ちしております。

 ホームページ:http://www.ibmd.jp/jpca2011/

第2回 family medicine forum in ニセコ

みなさま、平成23年もすでに数日経過しておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
私は寿都町立寿都診療所で所長を務めております中川貴史です。

20110107

今年度から始まった勉強会です。
名前はfamily medicine forum、略してFMSです。
スタッフやフェローの学びの場として、また、日々忙しく働いている医師らの家族同士の交流の場としての活用することを目的としております。

第2回目はニセコで2011年1月8日~10日まで開催します。
場所はヒルトンニセコビレッジです。
スケジュールは

1月8日 土曜日
14:45~ オリエンテーション
15:00~ AUDIT実施と指導法について(担当:草場先生)
16:00~ ケース検討会、先進事例紹介(担当:更別サイト、寿都サイト、旭川サイト)
18:00~ 夕食

1月9日 日曜日
 8:30~ 教育セッション Global Ratingについて(担当:安藤先生)
10:10~ Human resource management(担当:事務局 高橋さん)
13:00~ フリータイム
21:00~ ナイトセッション

1月10日 月曜日
8:30~ プロジェクト進捗状況報告会

と盛りだくさんです。

今回私はケース検討会、先進事例紹介にて
寿都診療所における上部消化管内視鏡検査の導入、実施、教育などに至る部分の報告を行い、北海道家庭医療学センター内での研修、実践の質向上を狙いたいと思っています。
それでは、みなさん、今年もお元気でお過ごしください!

1 2 3











copyright© HCFM inc. all rights reserved.