北山 周



所   属
2014年度フェローシップ修了

フェローシップを
考えている方へ
 これからのキャリアをどのようにお考えですか?今後、総合診療医としてやりたいことは何でしょう?診療以外にも、地域との関わりや組織の中でのリーダーシップ/マネジメント、教育や研究、開業など…いろいろな立場で求められることも変わることでしょう。フェローシップでは自分の目標をしっかりたて、講義・課題―日々の実践―濃厚な振り返りを繰り返します。自分のやりたいこと、求められるであろう能力を見据えた目標と向き合っていく時間があります。そして講義は将来の働くセッティングに関わらず必要となる内容ばかりです。「いいな。」と思える環境にぜひ飛び込んでみてください。

フェローシップを終えて
 私的にはフェローシップといえば…濃厚な振り返りです。これほど自分の目標や行った内容、計画していることを言語化し理論を考えることはこれまでにない経験でした。フェロー以前の実践も振り返りながら学べ、自身を見直すことにもなりました。指導医が常にそばにいる実践の中で、自己評価と他者評価を受けながら目標に沿った言語化・概念化をしていくこと。同期との議論で新たな視点を受け入れていくこと。2年間を終える頃には診療・教育・経営・研究の各分野での学びがリンクしていくこと。フェローの2年間だからこそ学べたことが多くありました。自分は家族経営診療所を継承し診療と経営を中心に…と考えていたフェロー前。フェロー後は地域にでることや教育に関わることを続けたいと思うようになりました。現在は実家である愛知県田原市で祖母と併診しながら経営領域(会計だけでなく組織運営など)にも触れながら、藤田保健衛生大学総合診療・家庭医療プログラムの指導医として専攻医や初期研修医の地域医療研修の教育にも携わっています。大変ながらも楽しんで取り組めているのはフェローの学びという基盤があるからと私は思っています。

|お問合せ|
copyright© HCFM inc. all rights reserved.