「診られる力を育てる」プロジェクトを開始します!

 北海道家庭医療学センターでは「診られる力を育てる」プロジェクトをスタートいたします。
 医療は医師や看護師などの医療職が患者さんに提供するサービスですが、健康づくりは患者さん自らが積極的に関わることでより良い結果が出ます。つらい症状に対する不安感や心配ごとを医療職に伝え、気になる検査や望む治療などの期待を知らせることは、本当の意味での「患者中心の医療」を実現するのに大きな意味を持つと言えましょう。
 このプロジェクトでは、医療職からの一方通行になりがちだった医療の場でのコミュニケーションをもっと患者さんが主体となる場に変えることを目指して、現在、そして将来の患者予備軍でもあるこども達に「診られる」ための力を身につけてもらう場を創出していきます。そうしたこども達の思いは更に私たち医療職に気づきを与え、30年、40年後の医療の場を変えていく原動力になるかもしれません。
 息の長い仕事になります。多くの皆様のサポートを頂ければ幸いです。

  北海道家庭医療学センター 理事長 草場鉄周  指導医(草場先生)

診られる力を育てる学習指導の作成に当たって
 この授業を学校教育に位置付けて実践を積み上げていくには、学年発達段階や学校のカリキュラム等への配慮、そして地域の医療機関への受診環境も併せて考えていかなければなりません。その意味では、この授業に取り組もうとする学校や先生方は、日々向き合う子どもが理解しやすく行動しやすいよう提案した内容をベースに、自由闊達に授業に生かし大いにチャレンジしていただきたいと願っております。
 授業計画は、学校の道徳の時間、特別活動の安全・健康指導、保健体育、そして総合的学習の時間など、学校の裁量次第でどこから切り込んでも実現可能であると考えております。もしかして、医師や看護師をゲストスピーカーとして、一緒に授業を創ることもあるかもしれません。
 私たちは手始めに、NPO法人COMLが作成したテキスト「いのちとからだの10か条」を足掛かりにして、プログラムの開発を始めました。これからは、じっくり時間と手間をかけながら、「診られる力」をいかに育てていくのかを考え、プログラム化を進めてまいります。そのためにも、この問題に関心を持つ多くの医療・教育・福祉関係者の叡智を集め、実践検証を重ねながら、子どもたちの健やかな人間的な成長をはかっていきたいと考えております。
 もし子どもが病を患ったときには、それを治すためのパートナーとして医療関係者が信頼関係を構築しながら、そばにいて励まし勇気づけ治療していくことで、病にポジティブに立ち向かう子どもを育てていきます。
 このプロジェクトを通して教育関係者を中心に学習指導の作成に当たり、広く関係者の意見をお聞かせください。

NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)の小冊子「いのちとからだの10か条」を活用した指導案は、
こちらからダウンロードできます。
  『いのちとからだの10か条指導案』

第27回 家庭医療学夏期セミナーに参加します

8月1日(土)~3日(月)まで湯河原で開催される、医学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナーに、当センターからも多くの医師が参加します!

懇親会・ポスターセッションにももちろん参加!
お揃いのポロシャツを来ていますので、見かけた方はお気軽に声をかけてください☆

20150724

【参加セッション情報】
<1日目 8月1日(土)>
16:05~17:45
『Inner Consultationから学ぶ自己管理を重視した医療面接技法』
 参加者:草場鉄周,榎原 剛,長 哲太郎,佐野瑛子,後藤高明

『ジェネラル寄りなひよこ集合!』
 参加者:松井善典,名越康晴

18:00~20:00 『ディナーセッション』
 参加者:名越康晴

20:10~21:40 『Meet The Experts』
 参加者:草場鉄周

<2日目 8月2日(日)>
9:00~10:40
『最期まで診るってどういうこと?~家庭医がつなぐ終末期ケア~』
 参加者:堀 哲也,佐治朝子,神田 萌

HCFMの小窓~ポートフォリオから覗く家庭医の世界~

北海道家庭医療学センターの専攻医によるポートフォリオ発表会です。
学年別に発表形式を変えて、ただ発表を聞くだけではなくディスカッションに参加して、ポートフォリオの書き方から完成までを楽しく学ぶイベントです。
北海道家庭医療学センターの専攻医によるポートフォリオ発表会です。
学年別に発表形式を変えて、ただ発表を聞くだけではなくディスカッションに参加して、ポートフォリオの書き方から完成までを楽しく学ぶイベントです☆
ぜひ、ご参加ください!お待ちしております☆☆☆

お申し込みはこちらから
申し込み締め切りは8月11日(火)まで。どうぞよろしくお願いいたします!!

20150627
 

[ 日時 ] 2015年 9 月 5 日 (土) ~ 9 月 6 日 (日)

[ 会場 ]  定山渓万世閣 ホテル ミリオーネ

[ 対象 ]  医学生・初期研修医・専攻医・指導医 

[ 定員 ] 10名  (先着順)

[ 会費 ] 無料  医学生・初期研修医は宿泊費も無料! ※札幌駅までの交通費支給はありません。

つくばでの第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会に参加します!

本日12日(金)から、つくば国際会議場で第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会が開催されます。
今年も北海道家庭医療学センターから多くのメンバーが参加しますので、参加される方は、是非お立ち寄りください!

【6月12日(金)】
17:00-20:00
 ■プレコングレスワークショップ6 第13会場(4階 小会議室405)
  第12回臨床研究デザイン道場 QMENTOR を使って、研究デザインの本質と実際の
  課程を学ぼう!
   参加者:佐藤弘太郎
18:00-20:00
 ■プレコングレスワークショップ8 第5会場(2階 中会議室201B)
  Beyond 質的研究~家庭医の症例検討会における医療人類学者とのコラボ! 
   参加者:宮地純一郎,松井善典,堀 哲也

【6月13日(土)】
9:30-12:15
 ■ワークショップ5 第13会場(4階 小会議室405)
  総合診療医のコンピテンシーに基づく生涯学習~学習ポートフォリオ作成に挑戰!
   参加者:松井善典
10:40-11:28
 ■一般演題(ポスター)25 診療の質改善①
  P-129 家庭医療診療所群における診療の質評価の指標作成と実践の報告
   福井慶太郎
11:10-12:13
 ■一般演題(口演)3 診療の質改善・医療経済(第4会場 2階 中会議室201A)
  O-015 家庭医療診療所群における QBT を用いた診療の質評価の取り組み
   山田康介
  O-021 終末期がん医療における在宅医療と病棟医療の費用に関する比較研究
   加藤光樹 
 ■一般演題(口演)8 終末期のケア(第5会場 2階 中会議室201B)
  O-057 診療所-施設間のカンファレンスによる連携と施設看取りの関連について
   堀 哲也
11:30-12:10
 ■一般演題(ポスター)14 プライマリ・ケアにおける疫学①
   座長 福井慶太郎
12:35-13:05
 ■特別対談 第1会場(2階 大ホール)
  日本のプライマリ・ケアに新時代を!
   座長:草場 鉄周
16:20-18:40
 ■ワークショップ23 第10会場(3階 小会議室304)
  地域医療連携ワークショップ ~ケースで学ぶ在宅医療との連携~
   参加者:三島千明
 ■ワークショップ26 第13会場(4階 小会議室405)
  地域包括ケアを推進する地域リーダーになるために ー多職種協働 GW 
   参加者:中川貴史

【6月14日(日)】
8:00-9:00
 ■インタレストグループ7 第8会場(3階 中ホール300)
  全国ジェネラリスト80大学行脚プロジェクト
   参加者:堀 哲也,今江章宏
 ■インタレストグループ10 第11会場(4階 小会議室403)
  患者中心の医療の方法 (PCCM;Patient Centred Clinical Method)第3版を踏まえた日本における”Health”の実践知を探索する
   参加者:宮地純一郎,松井善典,上野暢一,加藤光樹,安藤高志,草場鉄周
9:40-12:00
 ■シンポジウム7 第1会場(2階 大ホール)
  専門医制度における評価の在り方 ~認定試験、プログラム評価の質向上のために~
   座長:草場鉄周
 ■ワークショップ29 第9会場(3階 小会議室303)
  『Medical Generalism』を学ぶ Part 2
   参加者:佐藤弘太郎
 ■ワークショップ30 第10会場(3階 小会議室304)
  デキる診療所づくり~プライマリ・ケアにおける医療安全~ パート2
   参加者:福井慶太郎
 ■一般演題(口演)21 患者中心の医療(第6会場 2階 中会議室202A)
   座長:山田 康介
10:00-10:48
 ■一般演題(ポスター)66 実践報告⑥
   座長 松井 善典
10:50-11:30
■一般演題(ポスター)67 実践報告⑦
  P-341 滋賀県支部立ち上げまでの3年間と初回の支部活動としての指導医研修会の報告
   松井善典
12:20-13:15
 ■ランチタイムセッション3 第10会場(3階 小会議室304)
  グループ診療が抱える課題と今後のあるべき姿について
   企画責任者:福井慶太郎
13:30-15:00
 ■シンポジウム13 第2会場(1階 多目的ホール)
  わがプログラムの光と影-如何に危機を克服したか-
   『聴いて下さい,開拓者の悩み ~北海道家庭医療学センター~』
    山田康介
 ■一般演題(ポスター)53 在宅医療④
  P-273 訪問診療における口腔ケアと発熱の実態
   村井紀太郎
14:15-15:00
 ■一般演題(口演)20  ICT・経営(第5会場 2階 中会議室201B)
   座長:草場 鉄周

H27年度 公開フェローシップin福岡 参加者募集を開始しました!

【参加ご希望の方へ】
 下記のリンクをクリックしていただき、表示されるフォームに必要項目を記載の上、お申し込みください。

20150312_1
申し込み締め切りは5月6日(水)までとなります。

【フェローシップとは】
 2007年より始まったHCFMフェローシップは10名の修了者を輩出し、現在7名の在籍者を抱える高度教育プログラムです(2015年度は新たに3名在籍予定)。
 当フェローシップの特徴は、特定の臨床領域の知識・技能向上を目指すのではなく、家庭医療指導医・経営者として10年、20年と様々な医療機関や組織で活躍するための基盤となる4つのコンピテンシー(家庭医療の理論と実践、家庭医療教育、診療所経営、臨床研究の基礎)を2年間で身につけることにあります。
詳細はHP(http://hcfm.jp/education/fellow/)をご覧下さい。

 今年度も、このフェローシップの一端を関心ある方に公開する運びになりました。今後のキャリアを検討する材料にして頂くのはもちろんですが、参加した皆さんがすぐに現場で活かせる知識・技能を提供したいとも考えています。奮ってご参加下さい。

【開催要項】
20150312_2

【プログラム内容】
20150312_3

当センターの活動紹介Movieを作成しました!

北海道家庭医療学センターグループの活動を紹介するMovieを作成いたしました。
是非ご覧ください!

医療法人 北海道家庭医療学センター 活動紹介 Movie
~見て、聞いて、感じて、北海道家庭医療学センター~

家庭医療を実践し、教育し、そして医療の発展に貢献すること約20年。
日本の家庭医療のパイオニア、北海道家庭医療学センターの取り組みを紹介します。

20150213

Long ver. ←こちらからアクセスしてください!

Short ver. ←こちらからアクセスしてください!

H26年度 第4回 On-site FaMReF in札幌 2/28

HCFMでは後期研修医が一同に集まる勉強会、On-Site FaMReFを年4回実施しています。
今年度最後は、2月28日(土)に開催いたします(1日開催です)。

今回もOn-Site FaMReFにオブザーバー参加いただける
医学生・初期研修医の方を募集しておりますので奮ってご参加ください!

参加申込期限:2月8日(日)まで
参加定員:4名
参加費用:なし(交通費の支給はございません)
場   所:北海道情報大学札幌サテライト
       札幌市中央区北3条西7丁目緑苑ビル4階(JR・地下鉄さっぽろ駅より徒歩10分)
  http://www.do-johodai.ac.jp/guidance/sapporosatellite.php

*タイムスケジュール*
 14:00-15:00 レジデントレクチャー 安達/三島 (各30分)
 15:20-16:20 指導医レクチャー 佐藤先生 60分
 16:30-17:20 交流会 (立食)
 17:30-18:10  フェローシップ説明会 草場先生 40分

参加登録はこちらから

皆様のご参加お待ちしております!

H26年度 第3回on site FaMReF in札幌 11/15

HCFMでは後期研修医が一堂に集まる勉強会、On-Site FaMReFを年4回実施しています。
今年度第3回目は、11月15日(土)に開催いたします(1日開催です)。

今回もOn-Site FaMReFにオブザーバー参加いただける
医学生・初期研修医・後期研修医の方を募集しておりますので奮ってご参加ください!

申込期限:11月2日(日)
参加定員:4名
参加費用:なし(交通費の支給はございません)
場所:札幌駅付近

=タイムスケジュール=
11:45-13:15 レジデントレクチャー/ランチョン
          S1佐治 S2名越 S2塚本
13:25-14:55 指導医レクチャー
          「家庭医療と茶道」 草場鉄周/佐藤弘太郎
15:05-16:35 キャリアプランニング講演
          講師:HCFMのOB
16:40-17:30 指導医と見学者で語らう場
17:40-18:15 交流会(立食)

参加登録はこちらから

皆様のご参加お待ちしております!

H26年度 第2回on site FaMReF in札幌終了! 2014.08.23

S2の名越です。
遅くなってしまいましたが、8月23日に行われました、HCFMのレジデント勉強会のOn-site FaMReF@札幌について報告させていただきます。

今年第2回目のFaMReFは札幌での開催でした。
いつもは土曜日の午後~日曜午前の2日にわたっての開催でしたが、今回は土曜日午前から開始で1日完結型でした。

★家庭医療学的振り返り 講師:中島先生、松田先生
 S1の佐治先生、S3の今江先生とともに僕も発表させていただきました。
 現在外部の病棟研修中なのですが、その中で経験した家族カンファ、他職種カンファ、退院前カンファを行い、かかりつけ医によって在宅看取りとなった事例についての報告と振り返りを行いました。
 病棟研修で疾患面の勉強にどちらかというと比重をおいていますが、病棟でも家庭医的な視点で取り組めました。
 院内でもアドバイスをいただきましたが、HCFMの指導医の先生方からもアドバイスをいただき非常に貴重な時間でした。

★指導医レクチャー「終末期」 講師:榎原先生
 終末期についてのレクチャー&ディスカッションでした。
 Bad news tellingやグリーフケアについてなど、基本的な内容の確認から、実際にレジデントがどのように関わっているのかを知ることが出来て良かったです。
 終末期のケアには「これが正解」というものが必ずしもあるわけではないです。だから、みんなと面と向かってディスカッションする場は非常に貴重でした。

★レジデントレクチャー
  S1 佐野先生「ライフスキル」
  S2 川合先生「皮膚所見」
  S3 神廣先生「家庭医療の数字」
 レジデントレクチャーはそれぞれ現在研修中のサイトで学んだことや、1ヶ月の選択研修での学びの共有でした。
 佐野先生は寿都の学校で行った性教育の取り組みについて。
 川合先生は1ヶ月の皮膚科研修の報告と皮膚所見のレクチャー
 神廣先生は1ヶ月の外部クリニック研修の報告と家庭医療に関係する日本の統計や経済などに関する「数字」のレクチャーでした。
 普段別々のサイトで研修していますし、それぞれ多種多様な研修となっているので、こういった学びの共有の場でのブラッシュアップは貴重な機会です。

★指導医レクチャー「キャリア形成」 講師:松井先生
 最後は松井先生からキャリア形成についてのレクチャーでした。
 松井先生のこれまでのキャリアについて、学生時代から初期研修、後期研修、フェロー、そして現在に至るまでの活動やどこが大きなターニングポイントだったかの振り返りから、具体的にどのように考えていったかなど、非常に深い話でした。
 ふと、自分のこれまでを振り返ってみましたが、今HCFMにいる一番の大きなターニングポイントは2年生の時家庭医療学夏期セミナーに参加して、自分のやりたい医療はこれだ!と思ったことと、HCFMの先生方に出会ったことでした。

レクチャー後は会場でゲスト見学者の方も交えて懇親会でした。

次回は11/15~16を予定しています。(また1日完結になるかもしれません)
詳細につきましては近くなりましたらFacebook上でお知らせします。

長文になりましたが以上で報告を終わります。

20141009

2015年度採用後期研修医募集 受付開始!

【受付開始】北海道家庭医療学センター後期研修医募集

当センターの2015年度(平成27年度)後期研修医募集のお知らせをさせていただきます。
皆様からのご応募をお待ちしております。

●応募期間  平成26年10月11日(土)までに願書をお送り願います。 
●選考方法  願書・推薦状・面接・症例レポート(事前提出)の予定
●選考日時  平成26年10月25日(土) (※原則 札幌にて)

◇医療法人 北海道家庭医療学センター 家庭医療後期研修プログラム◇
◇北海道家庭医療学センター 家庭医療後期研修プログラム◇



当プログラムは16年という日本でも有数の歴史を誇るプログラムです。以下記載のような特徴があり、3年間でバランスのとれた家庭医へと成長できる内容となっています。
また、日本プライマリ・ケア連合学会の新たな改訂後期研修プログラム(Ver2)に準拠しております。



1.多様性に対応する力の醸成

   3つのシチュエーションでの研修で、幅広い分野の疾患に対
する確かな臨床能力と、地域社会や関係者との洗練された連携・調整力を鍛えます。特に「患者中心の医療の方法」を背景とした深い個別ケア、行政や他職種を巻き込んだ地域包括ケアでの連携・調整力
は、HCFMが教育に自信をもっている分野です。


 
 ■地域型診療所(全て有床診療所)

   外傷やマイナーエマージェンシーを含めた様々な疾患経験、有床診療所病棟管理、行政や保健との連携・調整など



■都市型診療所(全て在宅療養支援診療所)
   緩和ケアを含めたあらゆる疾患の在宅医療
(他に例をみない数と質)、都会ならではの関連医療介護職種
   との多様な連携・調整など

■病棟研修(上部消化管内視鏡研修含む)

   common diseaseの入院管理能力、未分化な病態への臨床診断、上部消化管内視鏡の習得(※北海道の診療所では求められます)など。



2.生涯学習サポート

 ■目標管理
   プライマリ・ケア連合学会の研修目標を包括するHCFM独自研修
目標をもちつつ、さらに後期研修医一人一人にカスタマイズ
した個別研修目標を作成し、毎月振り返りを施行します。



 ■ポートフォリオ作成支援

   家庭医療専門医申請に必要なポートフォリオ作成について、
各ポートフォリオについて指導医2名が完全指導、学びを概念化・結晶化させます。



 ■志を同じくする仲間達との定期勉強会

   後期研修医コミュニティーがあり多くの後期研修医と悩みと学びを共有することで、あなたのモチベーションは高まり学びが深まります。毎週TV会議にてon-line Family Medicine Resident Forum 
   (FaMReF)を開催。
 家庭医療コア領域の学びを年間を通して学びます。また、年4回、on-site FaMReFとして全員が一ヶ所に集まりface-to-faceで学びを深めていきます。



 ■現場指導

   各サイトは院長、フェロー、後期研修医の3名体制が基本
構成です。教育の教育を受けた所長養成コース(フェローシップコース)在籍中のフェロー、またはフェローを経た所長・院長
が、成人学習理論に基づいた現場教育を提供します。


 ■学習インフラ

   Dynamed、UpToDate、Best Evidence、BMJ、AFP、医中誌のライセンスを全医師に付与しています。また、全サイトで外来診療
のビデオレビューが実施できる環境となっています。



3.後期研修修了後を含めたキャリアサポート

   後期研修修了後には、家庭医療指導医として診療所の院長・所長となるための力を醸成するフェローシップコースを用意しています。毎週4領域(家庭医療の理論的基盤、教育、研究、経営)についてのレクチャーと現場での実践の繰り
返しで実践力を養成します。また、フェロー終了後は当法人
スタッフとなる道や他のキャリアなどを用意し、あらゆる
サポートをいたします。



4.福利厚生・当直体制

   社宅完備、引越旅費全額支給しています。3名勤務体制を基本に時間外・休日当番をシェアしますので、月に2.5回以上は土日2連休があります。時間外・休日当番は自宅待機
が基本で、当番中も趣味や家族との時間を過ごすことができます。



5.充実のレジャー

  道内どのサイトに行っても充実のレジャーが皆さんを待っています!

    ■札幌市 → 寿司の小樽、スープカレー、買い物・映画

    ■室蘭市 → 洞爺湖温泉、登別温泉、室蘭焼きとり

    ■旭川市 → 旭山動物園、ラベンダーの富良野

    ■寿都町 → スキーやラフティングのニセコ、牡蠣やウニ

    ■上川町 → 層雲峡温泉、上川ラーメン

    ■更別村 → 十勝川温泉、豚丼、大規模農場の新鮮野菜



どうぞよろしくお願いいたします。

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14











copyright© HCFM inc. all rights reserved.