WEBプログラム説明会&家庭医療ミニレクチャー開催を開催します!

総合診療専門医コース・家庭医療学専門医コース(専攻医)、フェローシップコースについてWeb上で説明会を開催いたします。
また、冒頭15分間で ”家庭医療ミニレクチャー”と題して、HCFM流家庭医療学を学べるレクチャー(短縮版)も行います。
少人数制の対話形式説明会のため、ご質問などもお気軽にしていただけます!
ご友人・先輩後輩と一緒にご参加いただいても構いません♪
お気軽にご参加ください^^

【日程】8月21日(火)
※いずれの日程でもご参加いただけます。

【時間】19:30~20:30

【接続方法】TV会議システム(Vidyo)
※詳細はお申し込みいただいた後に別途ご案内いたします。

【お申し込み】以下のフォームからご回答をお願いいたします。
リンクのフリーアイコン4 (2)お申し込み用フォーム

【今回ご紹介するコース】
■総合診療専門医コース・家庭医療学専門医コース(専攻医)
従来のコースに加え、日本専門医機構認定の総合診療専門医コースの準備が整いました。
HP(http://www.hcfm.jp/latetraining.html#latetop

■フェローシップコース
家庭医療専門研修修了者に対するフェローシップです。
HP(http://www.hcfm.jp/fellow.html#fellowtop
[お問い合せ]
北海道家庭医療学センター 事務局 宛
E-mail : info@hcfm.jp Tel. 011-374-1780

説明会第5回目2018

HCFMフェローシップで行った研究の論文がJPCA英文誌へ掲載されました

HCFMフェローシップ7期生(長哲太郎、中島徹、上野暢一)が、カリキュラムの一環で行った臨床研究が日本プライマリ・ケア連合学会英文誌” Journal of General and Family Medicine” に掲載されました。

研究テーマは「在宅療養における介護者の介護負担感と患者の転倒・転落との関連」です。転倒をきっかけに入院やADL低下のため在宅療養をあきらめざるをえない臨床での残念な体験を元に、家庭医だからこそできる転倒対策の一つとして介護負担感に注目し調査したものです。

以下のリンクから全文を閲覧できますので、ぜひご一読ください!
Tetsutaro Cho MD Toru Nakajima MD Yoichi Ueno MD Koki Kato MD, MPH Kotaro Sato MD
リンクのフリーアイコン4 (2)Prospective study of the relationship between patient falls and caregiver burden in home health care: A pilot study

copyright© HCFM inc. all rights reserved.